Sunday, March 23, 2014

オジー・オズボーン氏の Articulated Ring


随分前というには昔過ぎるほど、そう、学生の頃から私はブラック・サバスに夢中でした。

ここ何年もの間、私は様々なラインナップ-リフマスターのトニー・アイオミ氏、ランディ・ローズ氏、ジェイク・E・リー氏、ザック・ワイルド氏-でのオジーのライヴに行き、バック・ステージにも足を踏み入れてきました。
単純に、オジーはいつでも最高の一言です!!
私は、シャロンから連絡を受け、オジーのためのカスタム・ピースを作成してきたことを誇らしく思っています。
こちらは、オジーのために CRAZY PIG DESIGNS が制作したカスタム・ピースの一つです。

地金は K18 ゴールド、ルビーとダイヤモンドを配した Articulated Ring です。

Wednesday, March 19, 2014

オリジナルのモーターヘッド・リング


 オリジナルのモーターヘッド・リング

先日の記事について、皆様からのご要望がありましたので、モーターヘッドのレミーとフィル・アニマル・テイラー氏の写真を紹介します。
彼らはアーマンド・セラによりデザイン、制作された、オリジナル・デザインのモーターヘッド・リングを着用しています。

Friday, March 14, 2014

モーターヘッド・リング/保管庫のオリジナルデザイン


膨大な数のオリジナルデザインを収めた保管庫を探っていたら、三つのモーターヘッド・リングを見つけました。
向かって左から紹介しましょう。

左が80 年代に私がレミーのために制作した、正真正銘の最初のモーターヘッド・リングです。
残念ながら、レミーはあまりに巨大過ぎると考えたので、私は自分のコレクションとしました。
そして次に制作したのが中央のリングです。
最初のリングより少し小さくしましたが、レミーにはまだ大きかったようです。
彼はズボンのポケットに手を突っ込むのに邪魔にならない、もう少し平らでソリッドなチェーンのものを希望しました。
こうして右にある、三つ目のリングが完成しました。
このリングの最初の一つ目はレミーの手に渡りました。
二つ目はフィル、三つ目と四つ目はワーゼルとキャンベルのものとなりました。
そして五つ目は、このマスターと共に私が持っています。

彼らのリングは、長年の着用による傷やへこみがいい味となっているでしょうね。
OLD SOLDIER NEVER DIES! 

Thursday, March 13, 2014

トニー・ロウ氏と CRAZY PIG DESIGNS


GQ 誌の 4 月号にてコメディアンのトニー・ロウ氏がフィーチャーされています。
CRAZY PIG DESIGNS がロウ夫妻の結婚指輪を制作しました。

本誌の写真でもご覧いただけるようにアーマンドがデザインしたジュエリーには、あのジグザグ・ロゴが刻まれています。


Tuesday, March 11, 2014

新作スカルリング

新作スカルリング

先日、あるスカルリングを 25 年以上(!!)以上着用し続けたお客様がやってきました。
本当に気に入っていたようで、なんと購入したその日から一度も外すことがなかったそうです。
どうやっらたこうなるのかは分かりませんが、こちらの写真でご覧いただけるように、ついに壊れてしまったそうです。

このお客様はこのリングが私の最初期の作品であることをご存じで、修理可能か訪ねてきてくれたのです。
もちろん修復することは可能ですが、ご覧のとおり、スカルや角がひどく摩耗していました。
彼はひどくがっかりしていましたが、私はオリジナルのマスターを持っていましたので、彼に新しいリングをさらなるディティールを加えた上で再製作しました。

このデザインは何年も前に廃盤にしていましたが、CRAZY PIG DESIGNS のスカルリングのラインナップに登場させることにしました。
オンラインストアの From the vault セクションに追加する予定です。
その名は THE SABBATH SKULL RING です。

追伸:
あの日から三年経ちましたね。
未だ苦しい生活を強いられている方は多くいらっしゃると聞いております。
そういった方々が一日も早く平穏な日常を取り戻されることを心より祈っております。

アーマンド・セラ


Tuesday, March 4, 2014

3 月 4 日 22 周年

3 月 4 日 22 周年

そう、3 月 4 日は CRAZY PIG DESIGNS がロンドンのコヴェントガーデンにそのドアを開け放って 22 年目の記念日です。

開店したばかりの頃、Short's Gardens(訳者より: CPD 本店がある通りの名です)には、レコード店、八百屋、床屋、服屋等がほんの数件あるだけでした。
彼らは代わる代わるやってきたり、様子を見に来たりしていました。
中には、ご丁寧に「まあ、半年ってとこだろうね」などと言いに来た輩もいました。
そして今となっては彼らは居なくなり、私たちはまだここに居るわけです。
それにしても、数えきれない作品と素晴らしいお客様たちに囲まれたここまでの 22 年間は素晴らしい日々でした。
今日から CRAZY PIG DESIGNS は沢山のプロジェクトを進行しつつ 23 年目に突入します。


HAPPY BIRTHDAY CRAZY PIGS!