Saturday, March 7, 2015

特別寄稿 - クレイジーピッグが23周年:ジャネットさんの言葉、時を超越する デザイン

盟友 S. Hasegawa 氏より Crazy Pig Designs 23 周年記念の寄稿をいただきました。
Thanks for the great article, Shu!!


「クレイジーピッグが23周年:ジャネットさんの言葉、時を超越するデザイン」

4日、クレイジー・ピッグ・デザインズが開店23周年を迎えた。
オーナー兼デザイナーのアーマンド・セラ氏の才能や技術については、たびたび触れられてきたが、彼の妻であるジャネットさんのことも忘れてはならない。
彼女は、自分たちのブランドについて、次のようにコメントをしている。

「私共 CRAZY PIG DESIGNS は今日も新しいデザインや作品のアイディアと共に歩みを続けています。人生とは時、場所、記憶を巡る旅のようです。時や場所の記憶は、時を超越する独創的な私共の作品と共に永遠となり、貴方の旅-人生-の大切な宝となることでしょう。そして、未来と更なる旅-人生-を見つめて…」
(www.crazypigdesigns.comより引用)

◆時を超越するデザイン
まず、「時を超越する」という言葉に着目したい。
彼らが得意としているスカルや動物のデザインは、人間の歴史と結び付いている。
それらは、古来からのモチーフであると同時に、今後、人間が生き続ける限り、用いられるモチーフであろう。
つまり、彼らの作品は、過去と未来のどちらにおいても通じるデザイン(時を超越するデザイン)と言えよう。

◆時や場所の記憶
また、彼女の「記憶」という言葉も興味深い。
例えば、昔の友人や出来事などを思い出す時、その時のファッションを想起することがある。
他方、長年愛用しているファッションアイテムを見ることで、そのアイテムと行った場所や友人を思い浮かべることもあるだろう。

すなわち、人は、自分の記憶とファッション・アイテムを結び付けていると考えられる。
スカルリングのようなアイテムは、パワーや恐怖といったイメージが強いが、それだけでなく、場所や人を思い出す役割も果たしていると言える。

彼らの作品とそれを身に着ける人の記憶は、時を超越し、“大切な宝”となるのだ。
ジャネットさんのコメントは、短いながらも、奥深いものだった。

そんな彼女が店頭に立ち続けてきたからこそ、アーマンド氏も23年続けることができたのだろう。
夫婦二人三脚の23周年に敬意を表したい。
そして、今後も彼らのデザインは、時を超越していくに違いない。
(S. Hasegawa)

No comments:

Post a Comment

Crazy Pig Designs のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡くださいませ。
アドレスはこちら → goo.gl/hLm9wZ