Monday, August 10, 2015

奇妙な出来事とクロス・ボーンのスカルリング

私のデザインのほとんどは想像から生み出されてきました。
しかし、いくつかのデザインの源は実際に体験したことにあります。

クレイジーピッグの名作の一つに名を連ねる 3/4 Skull & Cross Bones リングの場合もその一つです。

昔の話ですが、友人グループと私はとても古い教会と墓地を見つけました。
暗くなってきた時刻で、辺りには私たち以外に誰もいませんでした。

その時、突然一人のご老人が古い木の手押し車を押しながら私たちのすぐ後ろを歩いてきました。
私達は、「ここはどんな場所ですか?」と訊ねると、そのご老人はとてもとても、本当に低い嗄れ声で、しかも古代の英語でこのように応じました。

「ここは本当に悪いことが起きた場所じゃ、知らぬが御身らのためじゃ…」

とにかく私たちは彼の突然の登場と、それ以上にこの不気味な返答に驚き、私たちは顔を見合わせました。
そして彼の方に向き直った時、彼の姿はそこになかったのです。
誰も彼が歩き去る姿を見ませんでした…信じるかどうかはご自由ですが、100% 本当の話です。

さて、スカルリングの話に戻りましょう。
墓石の間を縫って歩いていたところ、私は少し出っ張った石に躓きました。
それは泥に覆われていたのですが、気になったので木の棒を拾ってきて泥を除けてみたところ、それは頭蓋骨と骨が彫刻された石でした。
私は、この素晴らしいデザインを現代に甦らせずにはいらせませんでした。

後日知ったのですが、その場所はウェスト・ウィカムでした。
こ、これはもしかして、地獄の火クラブ!!!

註:
地獄の火クラブ(Hellfire Club)は 18 世紀の英国に実在した上流階級の秘密の社交会の類だそうです。
詳細は Wikipedia などをご参照ください。

この記事は Crazy Pig Designs 公式 Facebook の翻訳です。

No comments:

Post a Comment

Crazy Pig Designs のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡くださいませ。
アドレスはこちら → goo.gl/hLm9wZ