Saturday, October 3, 2015

特別寄稿: CRAZY PIGのブレない姿勢

お待たせしました、盟友 shu 氏からの寄稿です!

今回は、クレイジーピッグとそのオーナーでありデザイナーであるアーマンド・セラの姿勢に関して書かれていますが、私も一ファンとして、とても共感できる内容でした。
--------------------------------------------------
CRAZY PIGのブレない姿勢

ブラックレザーやスタッズ、ピアスやタトゥーといったような、かつての異端的ファッション・アイテムは正統となり、内と外の境界はあいまいになりつつある。そのような状況において、クレイジーピッグは、今もなおダークサイドの匂いに満ちている。

デザイナーのアーマンド・セラ氏は、1992 年にクレイジーピッグを設立する前から、スカルをモチーフとしたジュエリーを制作してきた。ハードなデザインを中心に、シンプルなものからフェミンなものまで、さまざまなデザインとアイテムを生み出すことで、その幅を広げ、進化を遂げた。だが、そこには、ブランド設立以来の一貫したスタンスが見える。

「ブレない」スタンス
振り返れば、セラ氏は、四半世紀以上ものあいだスカルリングを作り続けてきた。その間、彼の姿勢がブレることはなかった。シルバーブームに乗らない、大量生産もしない、店舗も増やさない、オーソドックスなデザインに路線変更することもない。デザイナーとして成功したあとも、彼の仕事に対するスタンスとその作風が変わることはなかった。彼は「スカルリングの作り手」という孤高の存在であり続けたのだ。
クレイジーピッグは、設立から変わることなく、今もロンドンのコヴェントガーデンに店舗兼工房を構え、そこでジュエリー制作に取り組んでいる。そして、ハードなデザインとハンドメイドを守り続けることで、唯一無二のスタイルが確立されているのである。
かつて、彼は「自分の目が届くこの工房で作ることが大事なんだ」と語っていたが、今もそのスタンスを貫いており、彼の信念を強く感じる。

「オンリーワン」なアイテム
現在、クレイジーピッグのアイテム数は 1000 を超えるが、ニューアイテムがリリースされるたび、われわれファンの期待を裏切ることはない。ジュエリーという小さなアートのなかには、誰にも真似することのできないクレイジーピッグらしい世界が刻まれている。
独創的な発想と写実的な表現から生み出される数々のアイテムは、絵画のような緻密さと彫刻のような迫力を併せ持ち、怪奇的で、反逆的で、物語性を持ち、自然や音楽に対するリスペクトにあふれていて、その作風がブレることはない。

その一方で、彼のアイテムはマンネリ化とは無縁だ。「スカル」という制約の中で知恵を絞り、毎回違うものを作り、それぞれが個性を持ったオンリーワンなアイテムを制作している。彼のあくなき追求(スカルに対するブレない姿勢)が、ブランドイメージを構築したのである。

現代の混沌としたファッション・シーンにおいて、クレイジーピッグのアイテムが、他と一線を画し、強烈なオーラを放ち続けているのは、そこにアーマンド・セラ氏の一貫した思いが込められているからに違いない。そして、それこそがクレイジーピッグらしさだ。(shu)

No comments:

Post a Comment

Crazy Pig Designs のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡くださいませ。
アドレスはこちら → goo.gl/hLm9wZ