Thursday, November 19, 2015

"Anatomically Correct" なスカルリング

クレイジーピッグのすべてをデザインしカタチにするアーマンド・セラによると、今あるクレイジーピッグのスカルリングで最も"Anatomically Correct(解剖学的に正確)"なのが『ライヴ・スカルリング』だそうです。


医学書などを見ると、人間の下顎、特に下顎枝といわれる下顎の関節部分は思ったよりも大きくて厚く、顎が張っているように感じますが、このライヴ・スカルリングの下顎もしっかりとした角張った下顎を備えています。

正面から見ると、その迫力がゆっくりと静かに伝わってきます。


ヒトの頭蓋骨は一つの骨ではなく、いくつかの骨から構成されていますが、その境目の線も正確に彫られています。
歯の形状の彫りや出方も正確に再現されているのも、この角度の写真から良く分かります。

ライブ・スカルリングは鏡面仕上げではなく、地下工房の熟練職人たちが手作業でざらりとした質感を再現させています。
つまり、本物の頭蓋骨が一つ一つ異なるように、ライヴ・スカルの風合いも一つ一つ微妙に異なるのです。

大きさはスモール・イーヴル・スカルリングに下顎をつけたくらいで、邪魔になるようなこともなく快適に着用できます。


ライヴ・スカルリングは Crazy Pig Designs 公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > RINGS > SKULLS をご参照ください。

追伸:
解剖学的に正確という意味では、納骨堂に納められた頭蓋骨をダイレクトに表現した『XX OSSUARY スカルリング』は完璧に近い作品だと思うのですが、セラさんは忘れているのでしょうか…

No comments:

Post a Comment

Crazy Pig Designs のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡くださいませ。
アドレスはこちら → goo.gl/hLm9wZ