Monday, December 28, 2015

グリーンマン・リング - ゴシック建築の荘厳さを備える

ゴシックやロマネスク調の建築物や家具によくみられる植物化したような男性の顔は、グリーンマンと呼ばれるそうです。

神話や伝承の登場人物というわけではなく、欧州の装飾で多用される植物のアカンサスに覆われた男性の顔、という装飾の様式の一つのようです。

アーマンド・セラは、このゴシックの荘厳な装飾様式であるグリーンマンをクレイジーピッグのフェイス・シリーズに生まれ変わらせました。
植物か男性の顔か、どちらかに偏り過ぎることなく絶妙なバランスでグリーンマンを彫りあげています。

そして、アカンサスの葉の輪郭を "若干" 曖昧にすることで、長い月日を経た石の彫刻のような風合いを感じさせます。

そしてもう一つ、素晴らしいアレンジのポイントがあります。
グリーンマンの眼をよくみると、ほんの少し右を見ています。
単純に真正面を見つめていたら、無機質な石の彫刻を模しただけのものになってしまうかもしれませんが、この眼の動きによって、風化しかけた石の彫刻であるグリーンマンに小さな命が宿っているように思わせます。

この絶妙なサジ加減のアレンジがアーマンド・セラの作品の大きな魅力ではないでしょうか。

Green Man リングは Crazy Pig Designs 公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > RINGS > FACES をご参照ください。

No comments:

Post a Comment

Crazy Pig Designs のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡くださいませ。
アドレスはこちら → goo.gl/hLm9wZ