Thursday, March 2, 2017

Crazy Pig Designs - Made in England

アーマンド・セラによる他に類を見ない独創的なデザインがクレイジーピッグ最大の魅力であることは誰もが認めるところでしょう。

しかし、クレイジーピッグにはもう一つ大きな魅力であり強みがあります。
それはコヴェントガーデンの店舗の地下一階にある工房と、そこで働く経験豊富な職人たちです。
自前の作業場での地金の溶解から鋳造、地下工房での仕上げや石留めなどあらゆる工程は外注に出されることなく、クレイジーピッグ内で手作業で行われます。

コヴェントガーデンというロンドンの中心地で店舗だけでなく工房まで構え、腕利きの職人たちを多数抱える環境を維持することは容易ではなく、小精鋭での作業も大量生産には不向きで、何事にも効率化が叫ばれる現代に逆行するやり方かもしれません。

しかし、アーマンド・セラは開店から今日まで周りに流されることなく、自身の信念を貫き続けてきました。
この強固な意志がなければ、生存競争が熾烈なロンドンでここまでジュエラーとしてのキャリアを続けることは不可能だったでしょう。
そしていよいよ明後日の3月4日、クレイジーピッグは開店25周年を迎えます。

工房での作業の一コマ、『モナステリィ・スカル・ウォレットチェーン』のスカルを一つずつロウ付けしています。

型から取り出されたワックス、貴金属になった際の仕上がりにダイレクトに影響するので修正やチェックは入念に行います。

バフでの磨き、くすんでいた貴金属が鏡面に変わっていくこの作業は何度やっても達成感があります。(手も顔も真っ黒になってしまいますが・・・)ディティールを崩さぬよう、必要最小限の磨きで済ませるのが職人の腕の見せ所です。

愚直なまでに自分の道を貫くアーマンド・セラ、記念すべき開店25周年まであと2日!

No comments:

Post a Comment

Crazy Pig Designs のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡くださいませ。
アドレスはこちら → goo.gl/hLm9wZ