Tuesday, June 20, 2017

漆黒のイーヴルスカル

クレイジーピッグのアーマンド・セラの傑作デザイン『ラージイーヴルスカルリング』の魅力は、シンプルなデザインから生み出される美しい鏡面です。
この磨きぬかれた鏡面の強烈な輝きは、シルバーの魅力をダイレクトに伝えます。

しかし、真に優れたデザインとはまったく異なる、あるいは正反対の状況においてもその魅力を失うことはないどころか、さらにその魅力を増すもののようです。

今回紹介するのはブラックロジウム加工を施した『ラージイーヴルスカルリング』です。
艶ありと艶なし、通常の鏡面仕上げの三種を並べてみました。

艶あり(左)ブラックロジウム: メタリックな輝きで光の加減でガンメタルのようなクールな輝きです。
漆黒の艶なし(中)ブラックロジウム: 金属とは少し異なるような質感で、闇が形を成したような不気味さがあります。
ブラックロジウムなしの鏡面仕上げ: 今さらいうことは何もない、まさにスカルジュエリーの王道!

ブラックロジウム加工は、言葉を変えれば「メッキ」です。
メッキというとまがい物や安物といったイメージがあり、どことなく抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、宝飾業界においてはプラチナの上にロジウムをかぶせる、身の回りの金属製品に耐腐食性を与える、あるいは古くから「鍍金」として仏像などに使用されるなど、身近で重要な技法のひとつです。

また、メッキをするからといってクレイジーピッグでの仕上げの精度が落ちることはありません。
むしろ完璧に磨き上げないとメッキした際に粗が目立つので、より細心の注意を払って仕上げ作業を行っているといってもよいでしょう。

そういった技術的な話はさておき、ブラックロジウム加工はクレイジーピッグのジュエリーに新たな表現の可能性を与えています。
ご興味のある方は クレイジーピッグ公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口 までご相談ください。

No comments:

Post a Comment

Crazy Pig Designs のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡くださいませ。
アドレスはこちら → goo.gl/hLm9wZ