2018年9月17日月曜日

新たな試みの新作 - Marquise Crown Setting ring

先日発表された新作ストーンリング『マーキスクラウンセッティングリング』はクレイジーピッグの創作への新たな試みを取り入れた意欲作です。

その試みの一つが石のカッティングです。
このリングのデザインに合わせ、高品質な石を贅沢に五角形のファセット(多面体)にカットし、王冠状のリングにセットします。

そして、これまでの有機的なデザインとは一線を画す、王冠をモダンにアレンジしたコンテンポラリなデザインも新たな試みといえるでしょう。
そう、それはスカル&ロックなジュエラーとして40年近いキャリアを持つアーマンド・セラの新たな挑戦ともいえるでしょう。


大ぶりな石を惜しげもなく五角形にカットした石は、王冠をシンボライズしたリングにセットされ、ゴージャスな雰囲気に

後ろからの眺め、滑らかな曲線で構成された美しい造形は、石の透明感と存在感を最大限に活かす計算しつくされた結果によるもの

石は、アメシスト、シトリン、そして透明感がある鉄色とでもいえるスモーキークォーツを用意(写真の石はスモーキークォーツ)、その他の石でも政策をご希望の方はご相談ください。

こちらはイエローゴールドにシトリンをセットしたスペシャルバージョン、このような特注品の製作も承ります。

『マーキスクラウンセッティングリング』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売も承っております。詳細は下記をご参照ください。
 - MARQUISE CROWN SETTING RING
 - ONLINE STORE > RINGS > STONES

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年9月12日水曜日

春の使者、そして秋の訪れを告げる鳥

古来よりツバメは春の使者、そして秋の訪れを告げる鳥として広く愛されてきました。ルネサンス時代の絵画にも登場することが多く、様々な寓意を秘めた興味深い鳥でもあります。

クレイジーピッグ新作『スワローリング』は、そんな魅力的なツバメの写実的な指輪として誕生しました。

春のメッセンジャーとして優雅に舞うツバメの姿が写実的に表現されています。

秋の訪れ、それは夏の終わりも意味します。そんなことを考えながらこのリングを眺めてみると、物寂しさを感じるような、どこか誌的な美しさも備わっています。

フラットで小ぶりなサイズは愛らしいツバメにぴったり、優雅に滑空する姿はレディの嫋やかな指を美しく飾ることでしょう。(写真の手は英国男性のものではありますが…)

『スワローリング』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売も承っております。詳細は下記をご参照ください。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年9月4日火曜日

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO 9月は毎水曜日も営業いたします!

クレイジーピッグ東京店よりお知らせです。
先月より開始した水曜日の営業ですが、9月も継続し、毎水曜日営業することといたしました。
これまで水曜日しかご都合が合わずご来店が叶わなかった方、この機会に是非ご来店いただき、多くのクレイジーピッグのジュエリーの”実物”をご覧いただけたら幸いです。
数多くのスカルリング、スカルペンダント、スカルブレスレット、アニマルリング、ストーンリング、その他数多くの独創的なクレイジーピッグの作品を取り揃えております。

ハンドメイドのゴメスの看板も日が経つにつれ、なかなか良い味が出てきました。
たくさんの皆様のご来店をお待ちしております!

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年8月30日木曜日

Super gorgeous !! 黄金の王冠リング

先日発表されたゴージャスな新作『マーキスクラウンセッティングリング』のスーパーゴージャスバージョンがリリースされました!

K9 のイエローゴールドの本体に、このデザインのために特別なカットを施したクリアなイエローが美しいシトリンをセットしました。

リング自体は細身でシンプル、石を留めるツメは王冠を模したデザインに溶け込み、美しくゴージャスな石を最大限に引き立てるデザインです。

尚、本作はこのデザインのために石を特別に加工する必要があるため、通常の納期よりも4週間程度かかる場合があります。

新作『Marquise Crown Setting ring in 9ct YG with Citrine』はクレイジーピッグ東京店ご注文を承ります。電話もしくはメールにてお問い合わせください。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年8月28日火曜日

新作!! - Wing of Destiny ring

アーマンドが絶好調のようです。
今回発表するクレイジーピッグ新作二つも Super Cool です!!

まずは Wing of Destiny ring です。(もう一つは後日お知らせします)


アーマンドによると、このリングは Tudor Wing pendant と Wing earring の流れにある作品とのことです。
確かに、チューダー様式の翼の根本と細やかな羽という、共通のデザイン・コンセプトのようですね。

数週間前には既にマスターが完成していたそうですが、アクシデントで破損してしまい、修復できそうになかったので、もう一度作り直したそうです。

非常にスムーズな輪郭で付け心地も抜群です。
性別を選ばずに着用できそうな、美しいデザインです。

下の画像の左側では、翼の根元の方がカットアウトされており、見事な躍動感が表現されているのがご覧いただけます。


兄弟(姉妹?)分の Tudor Wing pendant と Wing earring です。


新作 Wing of Destiny リングは Crazy Pig Designs 公式オンラインストア にて通信販売を承っております。
詳細は下記をご参照ください。


CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年8月25日土曜日

5 ways this retailer has rocked the high street for 26 years

先日、英国のクレジットカード会社 Barclaycard がクレイジーピッグの記事を掲載しました。基本的にはクレジットカード会社の会報のようなものですが、アーマンド・セラのビジネスに対する信条などが垣間見えて興味深かったので、抜粋で翻訳してみました。

ロンドンで堅実なビジネスを26年間営んできた5つの秘訣

Barclaycard チームによると、消費者は特別な雰囲気や感覚、自発的な体験を作り出すブランドをよく覚えているそうだ。

言い換えれば、消費者がどのブランドを気に入って購入するかは、価格のような取引要素以上のものに基づいているということだ。
それを念頭に置いて以下のような素晴らしい体験を顧客に提供することは、どんな業種であれ、これからの時代を生き残り成功するための重要なカギとなることだろう。

Barclaycard のビジネスパートナーである CRAZY PIG DESIGNS - ロンドンに店を構えるロックスターのためのハンドメイドのジュエリーショップ - は1992年からロンドンのハイ・ストリートで繁盛してきた。

彼らは今年の Barclaycard プレゼンツのロックサマーフェスティバルの VIP ホスピタリティに招待された。そこで彼らに、これまでどのように顧客に特別な体験を提供し、繁盛してきたかを訊いてみよう:

1. 正真正銘の本物であり、誠実であること
クレイジーピッグのオーナーであるアーマンド・セラは言う。
「我々のビジネスの根幹をなすのは本物であり誠実であることで、常にそうあり続けてきたね。創業以来、デザインやそれを形にするためにワックスを彫る作業を私のこの手で行い、それをロンドンの私の工房で貴金属に鋳造してきた。そう、クレイジーピッグのジュエリーは常に倫理的な環境-目先の儲けなどに惑わされ妥協することなど決してない-で生産されているんだ。」

アーマンドは次の言葉も加えた。
「お客様には、20年、30年と愛用した後は自分の子供たちが受け継ぐことができる、そんな指輪やブレスレットを購入してもらいたいと思うね。クレイジーピッグのジュエリーは、購入したお客様が得る満足感や誇りといった見返りのための、ちょっとした投資のようなもののように感じているよ。我々が本物のブランドであることを知るお客様であれば同じように感じるだろうね。」


2.顧客の求める存在でありながらも、求められていないものも持ち合わせる
顧客が、あなたにどうあって欲しいかを知ること(そしてそうであること)は非常に重要だ。しかし人々は良い驚きを好むものでもあるので、顧客があなたに期待していないようなこともできれば、あなたはより強い顧客の愛顧を勝ち得ることだろう。
アーマンドは言う。
「先日、ハイドパークで行われた『Barclaycard presents British Summer Time festival』のVIPホスピタリティエリアに招待されたことは本当にエキサイティングだったね。そこで、その週末にプレイした多くのバンドのファン達に会えたのは Barclaycard のビジネスパートナーとしては貴重な機会だったね。いつもと違う場所とシチュエーションだったけど、彼らはまさにクレイジーピッグに相応しい人々だったよ。」


3.情報や経験、商品を作り出し、”特別感”を提供する。

(そういう店や場所はたくさんあるが)セールやプレゼントだけが”特別感”のすべてではないだろう。顧客に、彼らがブランドにとって大切な存在だと感じてもらうことも”特別感”ではないだろうか。結局のところ顧客がいなければビジネスは成立しないのだから、彼らに特別だと感じてもらうことを忘れてはならない。これは他にはない情報や経験、商品を提供することに他ならない。

クレイジーピッグでは、美しく独創的なハンドメイドのジュエリーとそれを購入する体験を提供することで顧客に”特別感”を与えているといえるだろう。

アーマンドは言う。
「世界中、大量生産品で同じようなモノばかりだけど、私の店はそれ自体が体験かの如く、他とは違うものを提供しているよ。そして、ソーシャルメディア上で皆が誇らしげにクレイジーピッグのジュエリーを他の人と見せ合っているのはクールだね。」

アーマンドは次の言葉も加えた。
「他所から商品を買ったり、どこかよく分からないところで自分たちのジュエリーを大量に作ることだってできただろうけど、それはクレイジーピッグの顧客が望んでいることではないよね。」

キャビネットにディスプレイされたジュエリーを購入する場合も、アーマンドと相談しながら特注品を作る場合も、あなたはすぐにクレイジーピッグのプロセスにいることを感じることだろう。アーマンドはすべてのデザインを手作業でワックスから彫りだす。極限まで細部にこだわった彼のジュエリーを見ると、クラフトマンシップの定義とは何かを知ることになるだろう。

4. コラボレーションは顧客に新たなものを提供する方法ではあるが、慎重であるべきだ。
アーマンドはコラボレーションには慎重だが、それは当然のことである。
コラボレーションは顧客のブランドに対する期待にフィットするオリジナルで特別なものを提供するだろう。しかし、アーマンドはコラボレーションとは、商業的にクレイジーピッグがより多くの人々に認知されることや、これまでとな異なるマーケットやソーシャルメディアからのアプローチをもたらすべきとも考えている。

アーマンドは自身のブランドとフィットしないと感じたら、相手が有名どころのブランドであろうが、大きな儲けが見込めようがコラボレーションの誘いに乗ることはない。しかし、日本のストリートウェアブランドの A Bathing Ape や英国の動物画家 Dave White とのコラボレーションでは彼らと密に協力し限定商品をリリースしてきた。

5. グローバルな展開を検討する
日本では、クレイジーピッグは長らく人気のブランドだったが、ここにきて結びつきがさらに強くなった。

Barcleycard の決済システムを使用して英国内外に販売するだけでなく、アーマンドは新たにオープンした東京店で日本の顧客に彼のジュエリーを直接販売している。
これまでの第三者を通じての販売では、様々な理由から日本の顧客は1年近く納品を待たなければならなかったので、アーマンドは日本の顧客により良いクレイジーピッグ体験を提供するため、日本の東京に店をオープンすることを決断した。
すべての顧客に住んでいる場所や買い物の方法にかかわらず、等しく良いショッピング体験をして欲しいという願いがこの決断を後押しした。


2018年8月19日日曜日

ご好評につき8月22日、29日の両水曜日も営業いたします!

去る8月15日(水)はたくさんのお客様にご来店いただきました。
ご来店くださった皆様、ありがとうございました。

お仕事のご都合等で水曜日しかご来店が叶わなかった皆様には特にお喜びいただくことができ、当店としても大変に喜ばしい日となりました。
これを受けまして、8月22日と29日の両水曜日もクレイジーピッグ東京店は営業することといたしました。(OPEN 11:30、CLOSE 19:30)

代表の小清水は不在の予定ですが、クレイジーピッグ(アーマンド・セラとの付き合いは20年以上!)と音楽に通暁した者が皆様のご来店をお待ちしております。


CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp