2018年4月30日月曜日

義眼ペンダントに関するお知らせ - クレイジーピッグより

アイボール(球状の義眼)を用いたペンダントの生産状況についてお知らせいたします。

義眼製作の職人の都合により、アイボール(球状の義眼)の生産を停止いたします。それに伴い、以下のアイテムの受注も停止いたします。

アイボールペンダント:

ウイングドボールアイペンダント:

バードクロウアイペンダント:

アイボールペンダントとウイングドボールアイペンダントは売り切れてしまいましたが、バードクロウアイペンダント(黄色)は、一つだけ CRAZY PIG DESIGNS TOKYO に在庫がございます。当面はアイボールの再生産の予定はありませんので、ご検討中の方は是非店頭にて実物をご覧ください。遠方の方には通信販売も承りますのでメール・電話にてお問い合わせください。 
猛禽類の獰猛な爪が眼球を鷲掴みにする、毒々しさではクレイジーピッグでも1、2を争うデザインといえるでしょう。

黄色い義眼はあまり出回っておらず、新鮮な美しさです。

眼球裏の毛細血管もリアルに再現され、このデザインの毒々しさをさらに際立たせています。 

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30(水曜定休)
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年4月27日金曜日

GW中は毎日営業いたします!クレイジーピッグ東京店より

平素はクレイジーピッグ製品をご愛用いただきありがとうございます。ゴールデンウィーク中のクレイジーピッグ東京店営業スケジュールを下記にお知らせいたします。

営業: 4月28日(土) ~ 5月7日(月) 11:30-19:30
休業: 5月8日(火)、9日(水)


カウンターには新作、現行スカルリング全種、数多くのスカルペンダントやスカルブレスレット、ウォレットチェーン、ピアスやレザーアイテムが並べられています。

壁面のキャビネットには多くのストーンリング、アニマルリング、フェイスリング、その他のデザインが所狭しと並べられています。現行のTシャツシリーズも、東京店限定のベースボールシャツを含め全7種を用意しています。

連休中もお仕事の方、ご旅行に行かれる方、遠方の方など CRAZY PIG DESIGNS TOKYO にお越しになれない方は是非 クレイジーピッグ公式オンラインストア をお試しください。海外からの荷物の受け取りや関税を心配することなく、日本語メニュー、日本円にて安心してお買い物をお楽しみいただけます。

皆様のご来店、お待ち申し上げております!

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30(水曜定休)
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年4月23日月曜日

クレイジーピッグ日本語オンラインストア開設のお知らせ

多くの皆様からご要望をいただいておりました、クレイジーピッグ東京店公式オンラインストアがオープンいたしました。


日本語メニューや日本円での決済と併せ、英国からの輸入手続き、お客様への発送はすべてクレイジーピッグ東京店が行いますので、お客様はお支払額や海外からの荷物の追跡、関税等の心配なく、安心してオンラインショッピングをお楽しみいただけます。

以下にオンラインストアの基本的なご利用手順を紹介いたします。(画像をクリック/タップすると拡大表示できます)

注記1:
アカウント登録をしなくてもオンラインストアはご覧いただけます。

注記2:
クレジット以外の決済方法をご希望の方は下記をご参照ください。
通信販売のお支払方法追加について

1. 最初にオンラインアカウントの登録を行います。(英国のサイトに登録していた方は再登録が必要です) crazypigdesigns.jp にアクセスし、画面右上の「Sign In」を選択します。

2. 画面左下の「アカウントを作成」欄の「メールアドレス」に登録するメールアドレスを入力し、「アカウントを作成」を選択します。

3. 「個人情報」欄の各項目にお客様の情報を入力(日本語可)し、「登録」を選択します。

4. アカウントが作成されたら住所を登録します。「1番目の住所を追加」を選択します。

5. 各項目にお客様の住所を記入し、「保存」を選択します。
 (最初に「国」で「Japan」を選択してください)

6. 住所の登録が完了すると、以下の画面が表示されます。

7. オンラインアカウントの作成と住所の登録が完了すると、画面右上にお客様のお名前が表示されます。

8. 「ONLINE STORE」を選択し、各カテゴリーからご希望の商品を選択して「カートに追加」を選択します。

9. 商品をカートに追加したら、「ご購入手続き」を選択します。(お買い物を続ける場合は「お買い物を続ける」を選択します)

10. 送料を含めた合計額を確認したら「購入手続き」を選択します。

11. 配達時間のご希望やその他のコメントがある場合はコメント欄に記入し「購入手続き」を選択します。

12. 「利用規約」に同意し、「購入手続き」を選択します。

13. 画面下のクレジットカードのアイコンを選択し、決済画面に進みます。

14. 三か国語のお支払い画面が表示されるので、以下を参考にカード情報を入力して「I confirm my order」を選択してご注文を確定します。

15. 以下のメッセージが表示され、ご注文は完了です。商品の到着まで楽しみにお待ちください。


ご不明な点がありましたら、オンラインストアの CONTACT US を参照の上、お問合せくださいませ。
皆様からのご注文を心よりお待ち申し上げております。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30(水曜定休)
info@crazypigdesigns.jp

2018年4月12日木曜日

クレイジーピッグの革製品に関するお知らせ

お客様各位

平素はクレイジーピッグ製品をご愛用いただきありがとうございます。

クレイジーピッグの革製品に関するお知らせです。この度、クレイジーピッグの革製品製造を担当していた職人の引退に伴い、ウォレット及びカードホルダーの生産を停止いたします。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO(東京・下北沢)では以下のウォレットおよびカードホルダーを販売しております。ウォレットはそれぞれ一点のみのレザー/カラーです。ご検討中の方はお早めにお求めください。


アンティーク・ブラウンのウォレット: - SOLD- 

アンティークブラウンのレザーは使うほどに手に馴染み、自分だけのアジが出てくることでしょう。

ブロンズのウォレット: - SOLD- 

ブロンズのようなメタリックな光沢のレザーは古代の恐竜のような質感に仕上げられています。

グレイッシュ・グリーンのウォレット:

灰色がかったグリーンのレザーは、アーマンド・セラが愛用しているウォレットと非常に近い色合いです。

各ウォレットには、シルバー製のゴメス・スナップボタンが二つとシルバー製のスカル&スクロールのジッパー引手が付いています。


カードホルダー: - SOLD- 
アンティーク・ブラウンの深みのある色合いからは、古書のような重厚な雰囲気が漂います。
 この通り、日本の Suica や PASMO も挿入可能、反対側には三枚のカードを収納可能な実用的なアイテムです。

これらは クレイジーピッグ公式オンラインストア でもお求めいただけます。詳細は以下をご参照ください。
ONLINE STORE > ACCESSORIES > WALLETS

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年4月7日土曜日

【目撃証言】ファーストカスタマーが語る「CRAZY PIGが開店した日」

英シルバージュエリーブランドのCRAZY PIG DESIGNSは3月でオープン26周年を迎えた。前々回と前回はアーマンド・セラのインタビューをお届けしたが、今回はアーマンドの古き友人で、CRAZY PIGのスーパーファンでもあり、同店最初の顧客であるノミス氏に話をうかがった。
ノミス氏とはアーマンドの紹介で知り合い、かれこれ15年以上の付き合いになる。北イングランドにある彼の自宅を何度か訪ねたことがあるが、そのシルバージュエリーコレクションは思わずため息が出るような素晴らしいものだ。早速、私は彼にメッセージを送った。

―やあ、ノム(ノミス氏のニックネーム)、元気でしたか。

ノミス(以下 N):ハーイ、元気ですよ。今夜はマンチェスターへギグを観に行くんだ。

―元気そうで何よりです。(ノミス夫妻は年間100本近くのコンサートを観に行く)。さて、CRAZY PIGの開店26周年記念ということで、今日はファーストカスタマーであるあなたの話を聞かせてください。

N:ああ、いいよ。

―まず、アーマンドとはいつ頃知り合ったのですか。

N:最初に彼と会ったのは1979年の12月だったと思う。ギグを観るためにロンドンへ行き、彼が働いていた店GREAT FROGのあたりをいつもブラブラしていて、店のショーウインドを眺めていたんだ。でも、その頃は何かを買う余裕はなくてね。ロンドンへ行った時はすぐにその店を訪れて、アーマンドと話していたんだ。80年代後半まではそんな感じだったよ。40年も前のことだからね、もう記憶が曖昧だけど、多分そうだったと思う。

―アーマンドとはどのようにして仲良くなったのでしょうか。

N:GREAT FROGのオーナーらと知り合い、そしてアーマンドやジャネットとも知り合った。アーマンドのバンドPANAMAのギグにも何度か行ったことがあるよ。彼の作業場に泊めてもらったこともあったね。

―あなたたちの友情が垣間見えます。そこで最初に購入したアイテムは何でしたか。

N:最初のアイテムはEvil Skull ring、それとスパイダーのリングとペンダントだった。その頃、俺はビジネスで成功して、カミさんといろいろ買い始めたんだ。そこにはGavinという職人もいて、俺がいつも着けているヘビのバングルは彼が作ったものさ。

―これまでどのようなものを購入しましたか。

N:今までに何を買ったかなんてちゃんとは覚えていないよ。金があったらすぐに何か買っちゃうからね。アーマンドの作品、特に彼が作るスカルが大好きなんだ。そうそう、ファンタスティックなダガーを持っているよ。本当は某ミュージシャンのために作ったものだったんだけどね。

―あなたの素晴らしいコレクションはまたどこかで紹介したいと思います。さて、その後、アーマンドは1992年3月にCRAZY PIGをオープンさせましたが、その日のことは覚えていますか。

N:ああ、朝早くに俺とカミさんで出かけたんだ。確かアーマンドから10時開店と聞いたので、俺たちはその少し前に到着した。でもまだ開いてなくてね。(笑)3月初めのロンドンだから外で待つのは寒かったよ。で、店がオープンして、俺たちは中へ入った。特にパーティーのようなものはなかったね。

―その日は何を購入したのですか。

N:「XL スカルブレスレット」さ。間違いない。アーマンドがまだ前の店で働いていた頃、彼はそのブレスレットをこっそり見せてくれたんだ。でもまだ秘密だよってね。で、俺はそれが猛烈に欲しかった。あの日、他に何を買ったかなんて覚えちゃいないよ。巨大なスカルブレスレット以外にはね。

―最初に売れたアイテムがCRAZY PIGを象徴するようなアイテムだったのですね。その日の店内の様子はどうでしたか。

N:その時間帯、俺たち以外に客はいなかった。2、3時間、店内にいて、おしゃべりしたと思う。そんなところだよ。おっと、もうギグへ行く時間なんでこれで失礼するよ。できれば東京の店にも行ってみたいね。またね。

このようにノミス氏の証言によると、CRAZY PIGは開店した日から大盛況というわけではなかったようだ。その後、アーマンドとジャネットが努力を重ねた結果、26周年という日を迎えることができたのだろう。そしてノミス氏のようなスーパーファンがCRAZY PIGを支持してきたからに違いない。■■
(文、撮影・Shuhei Hasegawa)