2018年12月15日土曜日

モーターヘッドの関連アイテム:レモラリング、エースオブスペーズリング


 
 メタルのゴッドファーザーと呼ばれたモーターヘッドのレミー・キルミスターが急逝して、今年で3年目を迎える。彼の命日に合わせて、ラストツアーを収めた映画『モーターヘッド/クリーン・ユア・クロック』の劇場上映やレミー自伝『ホワイト・ライン・フィーヴァー』が重版されるなど、その人気は衰えることがない。
 当ブログでは、「レミーがオーダーしたウォーピッグのリング」についてたびたび触れてきたが、他にもモーターヘッドと関連するアイテムがあるので今回はそれらを紹介したい。

LEMOLA
まず、スカルリングの「Lemola ring」。これはレミーがお気に入りのスカルリングを失くしてしまい、それを基にデザインされたので、レミーのあだ名である「レモラ」と名付けられた。80年代後半に作られたものと思われる。適度なボリュームで使いやすく、アーマンドのキャリア初期に見られる荒々しさが特徴。しばらく廃盤となっていたが現在はラインアップ入りしている。



ACE OF SPADES
次に…モーターヘッドの代表曲といえば「エース・オブ・スペーズ」だが、スペードをモチーフにしたリングもいくつかある。厚みのある大きなスペードの「Ace of Spades ring」は、シルバーを活かした「Plain」と重厚なブラックが美しい「Enamel」の2種類。トランプのカードをそのままリングにした「Ace of Spades ring (whole card enamel)」はフラットなデザインで使いやすい。そして、ダイヤ、スペード、ハート、クローバーの4つのエースを配した「Four Aces ring (red & black enamel)」。これらはシルバーの輝きとブラックエナメルを活かしたデザインとなっているので、ロックファッションに合わせやすいだろう。
もうひとつ、モーターヘッドのシンボルでもあるアイアンクロスをモチーフにした「Maltese Cross ring」も4パターン用意されている。上下左右対称のデザインとなっているので、着けた時の収まりもいい。





クレイジーピッグ東京店では、レミーがウォーピッグのリングをオーダーした際に描いたイラストの複写を見ることができるので、この機会にぜひ同店へ足を運んでみよう。今年のレミーウィークはクレイジーピッグのジュエリーを着けて、映画『モーターヘッド/クリーン・ユア・クロック』で決まり。(Shuhei Hasegawa

【関連記事】

【関連情報】
・映画『モーターヘッド/クリーン・ユア・クロック』が劇場上映。1215日よりシネマート新宿ほか全国順次公開。

・『レミー・キルミスター自伝 ホワイト・ライン・フィーヴァー』日本語版(ロフトブックス)の重版が決定。重版分は12月下旬ごろ書店に展開される予定。

e-book『モーターヘッド伝説』(ロフトブックス)12月発売!モーターヘッド全アルバム22作を完全網羅したディスコグラフィー&ヒストリー本。

2018年12月14日金曜日

年末年始の営業予定について

お客様各位

平素はクレイジーピッグ製品をご愛用いただきありがとうございます。

クレイジーピッグ東京店 CRAZY PIG DESIGNS TOKYO の年末年始の営業予定を下記にご案内いたします。やや変則的な営業スケジュールとなりますのでご注意くださいませ。

年内営業: 12月28日(金)
年始営業: 1月2日(水)
その他休業: 1月7日(月)、8日(火)

公式オンラインストアにつきましては、上記休業期間中もご注文は可能ですが、発送やお問合せの対応は休業とさせていただきます。

年始の営業期間(1月2日~1月6日)は、何かお得な企画を検討中ですのでお楽しみに!

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年12月10日月曜日

祝・長谷川修平氏新刊発売!

モーターヘッドバンガーズ会員、メタルカルチャー研究家、そして何よりクレイジーピッグの盟友である長谷川修平氏の電子書籍最新作『モーターヘッド伝説』が本日発売されました!

表紙はアーマンド・セラ作のモーターヘッドリング、これは氏ならではの最高にクールな写真といえるでしょう。

今回は、この素晴らしい新刊の発売を記念して氏による記事の数々を一覧にしてみました。『モーターヘッド伝説』”読後”にご覧になってはいかがでしょうか。
クレイジーピッグ、そして常にその根底にあるといえる音楽をよく知る氏ならではの興味深い内容盛りだくさんです。


長谷川氏の電子書籍は こちら にて購入可能です。

私(クレイジーピッグ東京店代表・小清水)はどれもお気に入りなのですが、特に下記の3本が特にお気に入りです。皆様も是非ご覧ください。
CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年12月8日土曜日

Two Headsシリーズ:クレイジーピッグ流双獣文

 クレイジーピッグのアイテムには動物をモチーフとしたものが多い。とりわけ、ロックミュージックと関連するものが目立ち、ドラゴン、ヘビ、オオカミ、悪魔的なヤギ、タランチュラ、鳥の頭蓋骨をモチーフにしたバードスカルなどがあり、いずれもダークさを感じさせるデザインが印象的だ。他にもトラ、ライオン、サイ、ゴリラ、ゾウ、クマというような力強い動物が多く、海の生物であるイルカやサメの姿もある。
 近年ではコウモリ、ツバメ、フクロウ、タコ、カラス、カエルも仲間入りし、またヴィジュアル・アーティストのデイヴ・ホワイトとのコラボ作品でキツネ、サメ、ワシが限定制作されるなど、世界観を広げている。

 いずれも他のブランドにはないようなデザインで、強烈なインパクトを放ち、なおかつ、動物のウロコ、羽、毛並み、シワといった毛彫りは繊細に表現されている。力強さと繊細さを併せ持ったデザインはクレイジーピッグならではの特徴だ。
日本では馴染みの薄い動物もいるかもしれないが、それらはヨーロッパの装飾や文様において、古くから用いられてきたモチーフである。ちなみに動物モチーフのアイテムを選ぶ際、自分の星座や干支で決めるのもいいだろう。そのような護符的意味は装身具の本来の役割である。




さて、動物をモチーフにしたアイテムの中でも注目したいのが、「Two Heads」シリーズと呼ばれる、同じ動物が向き合いに配置された左右シンメトリーのリングだ。同デザインのバングルもある。このようなデザインは「双獣文」と呼ばれ、古くからヨーロッパで用いられてきた基本的な文様構成法のひとつ。同じものが2つ配置されることで、神秘的な世界の原理、二極性や二元性を意味するという。
 この「Two Heads」シリーズはシンプルなデザインゆえ、スタイルを問わず使いやすい。それでいて、動物の野性味が感じられ、小さいながらも自分らしさを表現できる。

トラをモチーフにした「Two Tiger Heads ring」はサイドにユリを配し、上品さとワイルドさが共存する逸品。ヘビが向き合った「Two Headed Snake ring」はリングのバンド部分にウロコ模様が施されており、独特の輝きを放つ。ワシがモチーフの「Twin Eagles ring」はシンボライズされたデザインで、ネイティブアメリカンのヴァイブが感じられる。いずれもシンプルでありながら、アーマンド・セラのデザインセンスが注ぎ込まれている。
普通のリングではつまらない、でも巨大なリングはちょっと…という方にぴったりのアイテムと言えるだろう。また、落ち着いた雰囲気があるので、年齢や性別を気にすることなく、長く使うことができそうだ。

来年2019年の干支はイノシシ。英語でイノシシはboarだが、これは去勢されていない雄豚のことでもあり、もともとは同じに見られていたという。また、キリスト教におけるシンボルとしてはイノシシとブタ(pig)を区別しない。つまり、来年は豚年とも解釈することができ、クレイジーピッグにとって特別な年となりそうだ。(Shuhei Hasegawa

【関連記事】
ヘビのモチーフについて書いた「クレイジーピッグ流ヘビのファッション」はこちら。

HR/HMにおける動物のイメージについては拙著e-book『ヘヴィメタルの悪魔的動物誌~ヨーロッパの装飾文化とフォークロアから読み解く音楽文化~』(グループゼロ)を参照。https://www.amazon.co.jp/dp/B00Q3RIISA/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_OEOcCbDYBN8BV

2018年12月2日日曜日

クレイジーピッグ新作ラッシュ PART2

先日の記事 に引き続きクレイジーピッグ新作の紹介です。今回は、東京店1周年に合わせるべく、かつてないほどに優れた作品が一気にリリースされました。

それでは早速、クールな新作群を見てみましょう!

XX ミディアムオシュアリィスカルリング:

クレイジーピッグ・ロンドン本店の開店20周年を記念して製作され、いまや名作と呼ばれる『XX オシュアリィスカルリング』のミディアムサイズ版です。ふた回りほど小ぶりな非常に実用的な大きさになりました。小ぶりになったとはいえ、「写実的なスカル」のコンセプトはそのまま、鈍い輝きの独特の迫力にはいささかの違いもありません。

デスディーラーグリムリーパーリング:

クレイジーピッグ初期を思わせる、久々のヘヴィメタル調リング!死神が地獄の馬を駆り大鎌を振りかざす様を2.5次元ともいえる絶妙なアレンジによって黙示録の四騎士を描いた名画のような雰囲気に仕立て上げたアーマンド・セラのデザインセンスが光る名作候補です。

スワローペンダント:

先の二つのデザインとは全く異なり、優しく美しいペンダントです。優雅に舞う二羽のツバメをシンボライズしたデザインは愛し合う二人を暗示しているかのようです。アーマンド・セラによるデザインの多面性が如実に表れた作品といえるでしょう。

バットアウトオブヘルリング:
 その最高にクール名に恥じぬ、クールなコウモリのリングです。小ぶりなリングですが、どこか愛嬌のあるコウモリの顔もしっかりと作りこまれています。夜にはばたく躍動感に溢れた造形が魅力です。

XL イーヴルスカルリング:

今回のバラエティ豊かな新作群において問題作ともいえる巨大なスカルリングです。裏抜きがなく、重量70gを超える(リングサイズによります)スーパーヘヴィなイーヴルスカルリングは、1984年11月24日の誕生から35周年を記念する、特別な作品です。それにしてもこの巨大さといったら…言葉を失います…

この他にもう2つの新作が発表されています。完成のタイミングの関係でまだ東京店には届いておりませんが、届き次第、皆様に紹介の予定です。

これらの珠玉の新作はクレイジーピッグ東京店にて実物をご覧いただくことが可能です。どれも写真よりも素晴らしい作品ばかりです。是非、実物をお手に取ってご覧ください!(売り切れの場合あり)

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年11月29日木曜日

クレイジーピッグ新作ラッシュ PART1

去る11月25日、世界初の海外旗艦店 CRAZY PIG DESIGNS TOKYO はオープン1周年を迎えました。

これもひとえにクレイジーピッグ製品をご愛用くださった熱心なファンの皆様のおかげです。英日クレイジーピッグ従業員一同、心より御礼申し上げます。

クレイジーピッグの創業者でありデザイナーのアーマンド・セラは、この特別な日にファンの皆様への感謝の気持ちを込めて数多くの新作を発表しました。

各アイテムの詳細は後日に譲るとして、今回はダイジェスト版を2回に分けてお送りしたい思います。どの新作も力の入った素晴らしいものばかりです。

クイーンオブハートリング:
ハートのクイーンが優雅な形の盾形のカードにアレンジされたリングです。リング脇の柔らかなチューダー様式の曲線との組み合わせは、レディの嫋やかな指先を美しく飾ることでしょう。

クレイジーピッグ東京店1周年を記念して製作された、期間限定生産のペンダントは(おそらく)ブランド初のギターピック型のペンダントです。カットアウトされた星は1周年の「1」を示しています。

恐怖に満ちたクリスタルレイクの住人のマスクです。職人の手作業によりざらついた風合いのマスクが事件の凄惨さを語るかのようです。

メキシカンスカルの新作、「死者の日」でお馴染みのメキシカンスカルとロザリーハートが交互に組み合わされたブレスレットとウォレットチェーンです。ロザリーハートの裏はスカルになっているあたりがアーマンド・セラのデザインセンスといえるでしょう。

常に音楽と共にあるアーマンド・セラらしいデザインのペンダントです。実物は写真よりも立体的で重量感のある作りです。非スカルの良作といえる、素晴らしいデザインです。

これらの名作候補は、クレイジーピッグ東京店にて実物をご覧いただくことが可能です。どれも写真よりも素晴らしい作品ばかりです。是非、実物をお手に取ってご覧ください!(売り切れの場合あり)

今回の新作は他にも多数あります。詳しくは こちらの記事 をご参照ください。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年11月21日水曜日

クレイジーピッグ東京店1周年記念プレゼント!

★終了しました。沢山のご来店ありがとうございました★

来る2018年11月25日にクレイジーピッグ東京店はオープン1周年を迎えます。

熱心なクレイジーピッグファンの皆様のご愛顧への感謝の気持ちを込めて11月23/24/25日の3日間、下記プレゼントを用意しました。

A: 合計で5万円以上お買い上げのお客様
25th アニバーサリーTシャツ(1枚) or 25th アニバーサリーベースボールシャツ(1枚)

B: 合計で10万円以上お買い上げのお客様
25th アニバーサリーTシャツ & 25th アニバーサリーベースボールシャツ(各1枚)

C: 合計で15万円以上お買い上げのお客様
25th アニバーサリーTシャツ、 ベースボールシャツ & TOKYO ベースボールシャツ(各1枚)

注記:
 - 対象は期間中に下記店舗にてお買い物をされたお客様です。
 ・クレイジーピッグ東京店(営業時間内[24日は18:30閉店])
 ・クレイジーピッグ公式オンラインストア (11/23 0:00~11/25 23:59に注文完了分)
 - 取り寄せ等、商品受け取りが後日の場合はプレゼントもその際のお渡しです。
 - プレゼントは各サイズ(S/M/L)無くなり次第終了です。
 - オンラインストア をご利用のお客様はご希望のシャツとサイズをコメント欄にご記入ください。

ロンドンのクレイジーピッグ開店25周年を記念するヴィンテージスタイルのアートワークは、フィルモアイースト&ウエストのサイケデリックなポスターからインスピレーションを受けて誕生!
クレイジーピッグの新作 T シャツ登場!

ロンドンのクレイジーピッグ開店25周年を記念してデザインされたサイケデリックなアートワーク、Tシャツではちょっと肌寒いかな?という日に便利な七分袖です。
クレイジーピッグの新作 T シャツ登場!

CRAZY PIG Tokyo Baseball Tee(税込¥12,000):
クレイジーピッグ東京店のオープンを記念して製作されたベースボールシャツは数量限定商品です。鮮やかなカラーのサイケデリックなアートワークがホワイトのボルドーの七分袖のシャツに映えます。余裕のあるシルエットで、1つ小さなサイズを推奨します。
*** Lサイズは完売です ***
限定生産!CRAZY PIG DESIGNS TOKYO 限定ベースボール Tee

11月24日(土)にはクレイジーピッグ東京店オープン1周年を記念した ギターピックペンダント の発売、25日(日)には待望の新作発表(今回は”もの凄い”です!)が控えています。
英日クレイジーピッグの従業員一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年11月15日木曜日

クレイジーピッグ東京店1周年のアニバーサリージュエリー発表!

皆様、お待たせいたしました!
クレイジーピッグ東京店オープン1周年を記念するアニバーサリージュエリー発表の時がやってきました!

まずは写真をご覧ください。
その名は『CRAZY PIG GUITAR PICK PENDANT』そう、ビスポークを除くレギュラーデザインとしては、(おそらく)初のギターピックをモチーフとしたペンダントです。奇をてらうことのないスカルの両脇に月桂樹の枝を配し、その下には1周年の「1」を示す星がカットアウトされています。

ピックの厚みは約2mm、スカル部分の厚みは約5mm、薄すぎず、そして野暮ったさのない絶妙な厚みのさじ加減はアーマンド・セラのさすがのセンスといえるでしょう。男女問わずスマートに着用できる素晴らしいデザインです。

 
クレイジーピッグ&アーマンド・セラといえば、やはりギター&ロック、待望のピック型のペンダントです。古びたコインのような風合いの月桂樹はオーソドックスなスカルの趣深さをひきたてています。

そして今回のもう一つの注目アイテムは、スリーヴ型のスペシャルパッケージです。側面にはアーマンド・セラの直筆サインと裏面に刻印されているシリアルナンバーが記入されています。(シリアルナンバーはご購入時に店頭にて記入します。またチェーンは別売りです)

このクールなペンダントは、2019年11月24日までの期間限定生産となり、発売日は下記の通りです。

クレイジーピッグ東京店: 2018年11月24日
公式オンラインストア:  2018年11月26日

オンラインストアの詳細は下記をご参照ください。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年11月10日土曜日

ヴェンデッタマスクリング - あの夜に完成…

去る11月5日は「ガイ・フォークス・ナイト*」でした。
今から5年前の2013年の、まさにこの夜にクレイジーピッグの新フェイスリングが誕生しました。

それが『ヴェンデッタマスクリング』です。
17世紀のイングランドで発生した「火薬陰謀事件」の実行犯として処刑された人物「ガイ・フォークス」の顔をシンボライズした仮面は、1980年代の人気コミック「V for Vendetta」によって、様々な現代社会への反抗や反体制の象徴として認識されるようになりました。

アーマンド・セラは、この印象的な仮面をリングにしようと製作を開始、偶然にも2013年の11月5日の夜に仕上げが完了したそうです。
口元は笑っているようでありながらも感情は読み取れない…生きた目を持たない仮面ならではの不気味さが見事に再現されています。

特徴的な眉と髭はブラックエナメルが施されます。仮面全体の磨き抜かれた鏡面とのコントラストが鮮やかです。


仮面の左右にはリボンが配され「V for Vendetta」の合言葉「WE ARE ONE」の文字が彫り込まれています。

*ガイ・フォークス・ナイト
前述の「火薬陰謀事件」が露見し、実行犯であるガイ・フォークスが逮捕された11月5日に行われる祭りのようなもので、現在では花火を打ち上げるなどの行事になっているようです。

常に心に灯していたい、権力には屈しない小さな反抗精神の象徴として、このリングを着用するのも素敵ではないでしょうか。

『ヴェンデッタマスクリング』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売も承っております。詳細は下記をご参照ください。
 - Vendetta Mask ring
 - ONLINE STORE > RINGS > FACES

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年11月3日土曜日

Made in England, クレイジーピッグのやり方 Part II

先日の記事 に続き、クレイジーピッグ本店の地下工房での作業を紹介します。

ロンドンや東京のクレイジーピッグ店舗にずらりと並ぶジュエリーを製作するための第一歩は、アーマンド・セラが作成した原型から取ったモールド(型)から製品の形をしたワックスを作ることから始まります。
液体状に溶けたワックスをシリコン型に流し込み、それを冷却し固まるのを待ちます。ワックスが固まったら、シリコン型からワックスを取り出します。ワックスは柔らかく、非常にデリケートなため取り出す作業は慎重に行います。

動画をみると簡単そうに見えますが、デリケートなワックスを無傷で取り出すにはかなりの練習が必要です。(力を入れすぎるとすぐに壊れたり、時には指紋がばっちりとついてしまうことも!)

取り出したワックスは、バリやラインの甘いところを取り除いたり、面をよりスムーズに整えます。完成形を知る、クレイジーピッグの工房内の職人が細かなところまで検査することで鋳造(ワックスを貴金属に置き換える作業)後の製品の質がより向上します。

こうして、この段階で可能な限り出来上がり形状に近いレプリカを作ったら、超ベテランのエキスパートの手により鋳造の作業に入ります。ワックスを石膏で埋没し、それを炉で焼いてワックスを焼失させ、石膏内にできた空洞(ワックスの形、つまり製品の形をしています)に溶けた貴金属を流し込み、冷やし固めると、いよいよクレイジーピッグのジュエリーの形をしたシルバーなどの貴金属が誕生します。(この工程については、またの機会に紹介したいと思います)

自家製をうたっていても、ワックス出しから鋳造までは外注に任せることが少なくないジュエリー業界において、これらの作業から最終仕上げまで一貫して少数精鋭の自社工房で行っていることは、アーマンド・セラのオリジナリティと共にクレイジーピッグの大きな強みといえるでしょう。

このような舞台裏をご覧いただくことで、アーマンド・セラの創業以来の強固な信念に支えられて生産されるクレイジーピッグのジュエリーのさらなる魅力を皆様にお伝えできれば幸いです。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年10月31日水曜日

Crazy Zoo Designs - クレイジーでクールな動物園

クレイジーピッグのアーマンド・セラの得意なモチーフの一つが動物です。それぞれの動物のちょっとした特徴を上手く捉えた表現は、時に本物の動物を超えるような魅力を備えてさえいます。

今回はそんなアニマルシリーズの中でも特に野性味溢れる猛々しい作品を集めてみました。
人差し指から『Gorilla ring』、『Bear Head ring』、『Rhinoceros ring』、シャングルの王者、北の王者、草原の王者が勢揃い、まさに野生の王国!


剥きだされた目と歯、広がった鼻孔、せり上がった額など、ゴリラの咆哮という緊張の一瞬を捉えています。


 赤いシャツを着た黄色いクマさんのおかげでかわいい動物と世界中で誤解されていますが、高い知能と腕力を併せ持つ北の王者クマ、ある日、森の中で出会ってしまったら、それが最後でしょう…

草原の重戦車サイ、普段は優しい力持ちですが、ひとたびスイッチが入れば地獄の暴走列車さながら、その突進はあらゆるものを弾き飛ばします。小さな目と耳のかわいらしさはそのままに、最大の特徴である長い角がそそり立ちます。

こうしてアーマンド・セラのアニマル・シリーズを見ていると、良いジュエリーを生み出すには、イメージを形にする技術はもちろんのこと、”特徴を捉える観察眼”が非常に大切なんだと思います。

これらのアニマル・リングは Crazy Pig Designs 公式オンラインストア にて通信販売を承ります。詳細は下記をご参照ください。

 - GORILLA RING
 - BEAR HEAD RING
 - RHINOCEROS RING
 - ONLINE STORE > RINGS > ANIMALS

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年10月29日月曜日

クレイジーピッグ、RUDO に登場!

硬派なメンズファッションメディア「RUDO」の雑誌が久しぶりの復活です‼

2018年10月29日発売の同誌にて見開き2ページでクレイジーピッグのジュエリーが掲載されています。

ブラックを基調としたページにクレイジーピッグの名作ジュエリーが並びます。このページだけ額に入れて飾りたくなるような永久保存版の美しさです。
 貴金属は周りや自分、カメラが写りこんでしまったり光の加減で作品の立体感が損ねられてしまったりと非常に難しい(と個人的には)と思うのですが、さすがはプロフェッショナルによる撮影、各作品の迫力と魅力が前面に押し出された素晴らしい写真です。

同誌では”行儀のいい不良になれ”を合言葉に、クレイジーピッグ以外にもクールなファッションが数多く掲載されています。
クレイジーピッグファンの皆様は同誌の売切れ前に本屋さんへGO‼

詳しくはこちら ☞ RUDO 2018AW

2018年10月20日土曜日

クレイジーピッグ初体験から20年

 1998年10月撮影

 「本場イギリスでモーターヘッドのコンサートを観たい」という夢を実現すべく、今から20年前に初めてイギリスへ行った。当時はまだネットがなかったので、何の情報もなく、英語もわからなかったが、どうにかなるだろうと楽観的に考え、単身渡英した。
その旅にはもうひとつの目的があった。それは「クレイジーピッグのロンドン本店へ行く」というものだ。日本で売られていたことも知っていたがどうしても本店で買いたかったからだ。

 199810月、ブリクストン・アカデミーでモーターヘッドのコンサートを体験し、耳鳴りと興奮が冷めやらぬまま、その翌日、ロンドンのコヴェントガーデンにあるクレイジーピッグを訪ねた。ネットもスマホもない時代、事前にメモした住所と地図だけを頼りに店を探す。知らない街、知らない通り、知らない言葉、知らない人々…、宝の地図をたどる冒険家のような気分だ。セブンダイアルズというサークル交差点からショートズガーデンズへ入り、しばらく進むと、スカルの大きな看板が見えたので、あそこだ!と思い、ドキドキしながら速足で向かう。

店へ入ると、そこはウッド調の落ち着いた雰囲気で、ショーケースにはシルバージュエリーがずらりと並ぶ。スカルリング以外にもインディアンジュエリーや女性向けのアイテムが数多くあった。その中から目当てのスカルリング「サイコキラー」を見つけ、購入した。それは21歳だった私にとって、自分の力で探し当て、やっと手に入れた宝物のようなものだ。

デザイナーでオーナーのアーマンド・セラ氏とも対面し、モーターヘッドのコンサートを観るためにロンドンまで来たことを伝えると、「モーターヘッドかい?ウォーピッグのリングを作ったことあるよ」とそのリングを見せてくれた。その時のことは今でもよく覚えていて、リングの裏に彫られたスペードを見た時、そのかっこよさに衝撃を受けた。

また、アーマンドとギターやロックの話で盛り上がったことは言うまでもないだろう。彼と彼の妻ジャネット氏は私の拙い英語を丁寧に聞いてくれ、彼らの誠実な態度にも惹かれた。年齢や国籍、言葉の壁を超え、ロックミュージックを通じて交流を深めた。それはショッピングというよりも、クレイジーピッグという体験だったのだ。

あれから20年・・・その時購入したスカルリングは長年の使用で傷や変色がだいぶ目立つが今でも着用している。他方、アーマンドとクレイジーピッグは今もロンドンの同じ場所でスタイルを変えずにジュエリーを作り続けている。変化したことといえば、昨年11月に同ブランド初となる旗艦店の東京店がオープンしたことだ。それに合わせてアーマンドが来日した際も、彼とはギターやロックのことで話が弾んだ。お互いにギターキッズのままというわけだ。

クレイジーピッグは4年後にブランド創立30周年を迎える。また我々ファンがあっと驚くようなサプライズがあるかもしれない。でもきっとその時もロンドンの同じ場所で同じやり方でジュエリーを作り、アーマンドはギターに夢中になっているに違いない。彼のブレない性格がクレイジーピッグの核でもあるのだから。(Shuhei Hasegawa



2018年10月19日金曜日

クレイジーピッグ東京店、もうすぐ一周年!!

多くの皆様のクレイジーピッグ愛に支えられ CRAZY PIG DESIGNS TOKYO はもうすぐ開店一周年を迎えます。
クレイジーピッグの創業者であるアーマンド・セラはこの記念すべき日に発表できるよう渾身の新作数点を製作中、忙しい毎日を送っているようです。

1st アニバーサリージュエリーもあるとかないとか…それはかなりクールだとか…詳細はあらためてお知らせいたしますので楽しみにお待ちください!

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年10月13日土曜日

スペシャルパッケージ for TOKYO

クレイジーピッグ東京店のみで購入可能な『TOKYO スカルリング』はスカル&スクロールのアートワークをアレンジした繊細なデザインで人気作品である、というだけでなく、初の海外旗艦店のオープンを祝して誕生した、クレイジーピッグ史における記念碑的な作品でもあります。

遅ればせながら、この特別な作品に特別パッケージが誕生しました。
従来の円筒形のブラックボックスを包み込むスリーヴです。
『TOKYO スカルリング』をお買い上げいただくと、従来の円筒形のブラックボックスに加え、このスペシャルパッケージに入れて商品をお渡しいたします。

上面は『TOKYO スカルリング』のデザインソースとなったスカル&スクロールのアートワーク、側面には下記の文字がプリントされています。

 - 東京店限定品を示す「Exclusive Design for Tokyo Store」
 - CRAZY PIG DESIGNS TOKYO 開店日である「11.25 2017」
 - 作品名「Tokyo Skull Ring」
 - デザイン番号「Ref 1125(奇しくも開店日と同じ番号でした)

TOKYO スカルリング』はクレイジーピッグ東京店および オフィシャルオンラインストア のみで購入可能な限定商品です。

以前に『TOKYO スカルリング』をお求めいただき、このパッケージをお持ちでないお客様は、ご購入いただいた『TOKYO スカルリング』と円筒のボックスをご持参の上、ご来店ください。
『TOKYO スカルリング』スペシャルパッケージをお渡しいたします。
(遠方にお住まいの方でご来店が難しい場合は別途ご相談ください)

*スペシャルパッケージは無くなり次第終了です。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年10月8日月曜日

Made in England, クレイジーピッグのやり方

クレイジーピッグは1992年の創業以来、アーマンド・セラの理念に基づき、ジュエリーを自社工房で生産する一貫した姿勢を貫き続けています。

今回は、まさに”インハウス”といえるような場面を紹介します。
鋳造に使用するワックスを取り出しています。
鋳造とは、型に溶けた金属を流し込み金属製品を製造する工程です。
上記の動画では、型の鋳造に使用するワックスをシリコン製の型から取り出す作業を行っています。
この後、型から取り出したワックス(動画中の水色の物体)を石膏で覆います。この石膏を炉で熱するとワックスが焼失して石膏内にワックスの形状をした空洞ができます。そこに溶けた金属を流し込み実際の品物が出来上がります。(この後にサイズ調整やいぶしや磨きなどの工程を経て仕上がります)

型から取り出したワックスを検品し、出来の良いものとそうでないものを選別します。合格したワックスもバリを取り除いたり、面を整えるなど形状を微調整します。動画中では、検品で弾かれたワックスが手元に沢山あることが分かります。

鋳造の作業は大がかりな設備と専門的な知識と技術が必要で、専門の業者にこの作業を委託するジュエリーメーカーの少なくなありませんが、クレイジーピッグでは鋳造の作業も自社内で行っています。
各デザインの完成形を熟知している工房の熟練職人たちがワックスの調整も行うので、より理想的な出来の鋳造を可能にしています。

まさに”インハウス”、自家製のハンドメイドジュエリーといえるでしょう。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp


2018年10月3日水曜日

クレイジーピッグ東京店は10月も毎水曜日営業いたします!

クレイジーピッグ東京店よりお知らせです。

10月も毎水曜日営業いたします。(11:30開店、19:30閉店)
クレイジーピッグのアイテムや歴史、音楽に通暁した店員が皆様をお迎えいたします。
店頭のディスプレイウィンドウもハロウィン仕様になりました。イーヴルスカル風の顔つきをしたジャック・オー・ランタンも皆様のご来店をお待ち申し上げております。

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年9月27日木曜日

若き日の友情 - ウルフリングの思い出

9月27日はメタリカのベーシストであったクリフ・バートン氏の命日です。
クレイジーピッグ・ファンの皆様であれば、アーマンド・セラと当時それほど名の知れた存在ではなかったメタリカのベーシスト、クリフ・バートン氏が親しかったことはご存知かと思いますが、両氏の出会い、そして二人の友情の象徴ともいえるウルフリングについて簡単に振り返ってみたいと思います。

80年代、二人はロンドンのレコード会社の前で出会いました。お互いにレイナード・スキナードのファンということで、最初から大いに話は盛り上がったそうです。

こうして二人は友人となり、クリフがロンドンに訪れる度に会って、音楽談議に花を咲かせていたようです。
当時のアーマンドはすでにジュエリー製作を開始していたので、クリフはアーマンドのジュエリーを好んで着用するようになりました。

1986年、ロンドンで再開した二人は、アーマンドの当時の新作ルシファーリングと、クリフが愛用していたアーマンド作のウルフリングを交換しました。
それから間もなくスウェーデンにてあの痛ましい事故が起こり、クリフは帰らぬ人となりました。

以来32年間、アーマンドはクリフの形見となったウルフリングを大切に保管しています。
2014年に撮影したクリフ・バートン氏の形見となったウルフリング、偶然にも9月27日に撮影しました…

氏の形見のウルフリングから型をとって製作した『ウルフリング・リミテッドエディション』オリジナルを風合いを可能な限り再現しました。

『ルシファーリング』二人がリングを交換するきっかけとなったリング(現物ではありません)

その他、クリフ・バートン氏に関するクレイジーピッグオフィシャルブログは下記をご参照ください。

2018年9月23日日曜日

大切な人と共に着用するクレイジーピッグ

クレイジーピッグではスカルリング以外にも数多くのデザインを用意しておりますが、今日は大切な人と合わせてスマートに着用できる『チューダーバンド』を紹介します。

一般的に、バンドとは一文字とも呼ばれるリング幅が一定のシンプルなリングで、クレイジーピッグでは柔らかな曲線で構成されたチューダー調の装飾を彫りこんだリングが人気です。
これらにはラージとスモール、そしてデザインが一周しているものとそうでないものがあります。それぞれに優れた点と注意すべき点がありますので、これらを見ていきましょう。

リングの上半分にチューダー調の装飾が深く彫りこまれています。左右対称のデザインであり、センターにダイヤなどを留めて特別なエンゲージ・ウェディングリングとすることも可能です。サイズの変更も可能です。

上記のスモール版、スモールといってもチューダー調の装飾が深く彫りこまれており、貧弱さはありません。左右対称のデザインであり、センターにダイヤなどを留めて特別なエンゲージ・ウェディングリングとすることも可能です。サイズの変更も可能です。 リングの下半分(掌側になる部分)は装飾のある部分よりも薄く、着用感も良好といえるでしょう。

チューダーホールバンド・ラージ:

チューダー調の装飾がリング全体に彫りこまれた豪華なリングです。全周にわたり厚みがあり、重量感があります。サイズは21号のみ製作可能です。1号程度大きくすることは可能ですが、サイズを小さくすることはできません。(技術的には不可能ではありませんが、デザインが途切れてしまうため推奨しません)

チューダーホールバンド・スモール:

上記のスモール版、サイズは17号のみ製作可能です。こちらも1号程度大きくすることは可能ですが、サイズを小さくすることはできません。また、下半分に装飾がないものに比べ、全体的に厚みがあるので、違和感なく着用できるまでには慣れが必要かもしれません。

並べてみるとリングの厚みやラージ・スモールの大きさの違いがよく分かります。

こちらも前述の写真と同じ並び順です。
拡大してご覧いただくとそれぞれの違いが分かります。

厚みや重量感などは人により感じ方が異なりますが、両者のおおよその違いは下記の通りです。

チューダートップバンド:
 - サイズ直し可能
 - 良好な着用感
 - デザインが左右対称で石留めできそうなスペースあり
 - デザインは上半分のみ

チューダーホールバンド:
 - リング全周にデザインが途切れることなく続き、豪華
 - 重量感と厚みがあり
 - サイズ直し不可(1号程度大きくすることは可能)
 - トップバンドより厚く重い

思いつく限りの違いを書き出してみましたが、文字や写真だけでは判断できない部分も多数ありますので、大切な人とクレイジーピッグ東京店にて実物を見比べていただくのがベストではないでしょうか。
皆様のご来店をお待ちしております!

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

2018年9月17日月曜日

新たな試みの新作 - Marquise Crown Setting ring

先日発表された新作ストーンリング『マーキスクラウンセッティングリング』はクレイジーピッグの創作への新たな試みを取り入れた意欲作です。

その試みの一つが石のカッティングです。
このリングのデザインに合わせ、高品質な石を贅沢に五角形のファセット(多面体)にカットし、王冠状のリングにセットします。

そして、これまでの有機的なデザインとは一線を画す、王冠をモダンにアレンジしたコンテンポラリなデザインも新たな試みといえるでしょう。
そう、それはスカル&ロックなジュエラーとして40年近いキャリアを持つアーマンド・セラの新たな挑戦ともいえるでしょう。


大ぶりな石を惜しげもなく五角形にカットした石は、王冠をシンボライズしたリングにセットされ、ゴージャスな雰囲気に

後ろからの眺め、滑らかな曲線で構成された美しい造形は、石の透明感と存在感を最大限に活かす計算しつくされた結果によるもの

石は、アメシスト、シトリン、そして透明感がある鉄色とでもいえるスモーキークォーツを用意(写真の石はスモーキークォーツ)、その他の石でも政策をご希望の方はご相談ください。

こちらはイエローゴールドにシトリンをセットしたスペシャルバージョン、このような特注品の製作も承ります。

『マーキスクラウンセッティングリング』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売も承っております。詳細は下記をご参照ください。
 - MARQUISE CROWN SETTING RING
 - ONLINE STORE > RINGS > STONES

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp