Friday, June 23, 2017

大人の余裕と色気漂うレザーブレスレット

ロンドン、コヴェントガーデンの店舗には、まだ10代と思しきロックな少年少女から壮年の素敵なご夫婦まで、様々な年齢層のお客様が来店されます。
アーマンド・セラによる無限ともいえる豊富なデザインが、優れた審美眼を持つ幅広い層のお客様を惹きつけてやまないといえるでしょう。

そんなアーマンド・セラの最新作『タイガーヘッズ・レザーブレスレット』はシルバーと二連の編込みレザーを組み合わせたシックで艶やかな作品で、ロンドンでは壮年の紳士方を中心に人気を集めているようです。
地下工房で仕上げられたばかりのブレスレット…これはクールです!


向かい合って輪を咬むトラの頭部は、まるで中世の邸宅を飾る彫刻のようです。


オニキスをセットしたチューダー調のビーズ、ブラックレザーに合わせた漆黒の石が落ち着いた大人の余裕を感じさせます。


シルバーのブレスレットよりも少し控えめな存在感をお求めの方にはうってつけの『タイガーヘッズ・レザーブレスレット』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は下記をご参照ください。
 - ONLINE STORE > NEW
 - ONLINE STORE > BRACELETS > ANIMALS

Tuesday, June 20, 2017

漆黒のイーヴルスカル

クレイジーピッグのアーマンド・セラの傑作デザイン『ラージイーヴルスカルリング』の魅力は、シンプルなデザインから生み出される美しい鏡面です。
この磨きぬかれた鏡面の強烈な輝きは、シルバーの魅力をダイレクトに伝えます。

しかし、真に優れたデザインとはまったく異なる、あるいは正反対の状況においてもその魅力を失うことはないどころか、さらにその魅力を増すもののようです。

今回紹介するのはブラックロジウム加工を施した『ラージイーヴルスカルリング』です。
艶ありと艶なし、通常の鏡面仕上げの三種を並べてみました。

艶あり(左)ブラックロジウム: メタリックな輝きで光の加減でガンメタルのようなクールな輝きです。
漆黒の艶なし(中)ブラックロジウム: 金属とは少し異なるような質感で、闇が形を成したような不気味さがあります。
ブラックロジウムなしの鏡面仕上げ: 今さらいうことは何もない、まさにスカルジュエリーの王道!

ブラックロジウム加工は、言葉を変えれば「メッキ」です。
メッキというとまがい物や安物といったイメージがあり、どことなく抵抗があるという方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、宝飾業界においてはプラチナの上にロジウムをかぶせる、身の回りの金属製品に耐腐食性を与える、あるいは古くから「鍍金」として仏像などに使用されるなど、身近で重要な技法のひとつです。

また、メッキをするからといってクレイジーピッグでの仕上げの精度が落ちることはありません。
むしろ完璧に磨き上げないとメッキした際に粗が目立つので、より細心の注意を払って仕上げ作業を行っているといってもよいでしょう。

そういった技術的な話はさておき、ブラックロジウム加工はクレイジーピッグのジュエリーに新たな表現の可能性を与えています。
ご興味のある方は クレイジーピッグ公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口 までご相談ください。

Thursday, June 15, 2017

『ソリッドスカルペンダント』- 名は体を表す

多くのデザインが用意されたクレイジーピッグのスカルペンダントで最も"スカルらしい"といえる作品は『ソリッドスカルペンダント』ではないでしょうか。

その名の通り、ソリッド(中空でない、中身の詰まった)なスカルは下顎と後頭部も備えたスカル全体の形状で、その重量は 40g を超えるほどです。(数字が大きければ良いというものではありませんが…)

スカルはアーマンド・セラらしい繊細さを持ち合わせた端正な顔立ちで、滑らかな曲面は鏡面の輝きを最大限に引き出します。


ご覧の通り、横顔も整った顔立ちで、後頭部まで延びた曲線には一切の無駄がありません。各部位に取って付けたような感じがまったくなく、美しい有機的なラインによって曲面が構成されています。

めったに見ることのないスカルの底面、もちろんアーマンド・セラの仕事に手抜かりはなく、精巧な細工が為されています。そして中抜きの無いこともこの眺めから確認できます。

 下顎と後頭部を備えたスカルペンダント三種、左から『トライバルスカルペンダント』『ソリッドスカルペンダント』『ラージスカルペンダント』いずれも特徴のあるスカルですが、荒々しさの中に繊細な美しさを秘めている点は共通しています。

『ソリッドスカルペンダント』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > PENDANTS > SKULLS をご参照ください。

Sunday, June 11, 2017

もう一つのボーンハンドリング

クレイジーピッグの傑作デザイン『ボーンハンドリング』は、その昔にアーマンド・セラが所有していたヒトの手の骨の標本にヒントを得て誕生しました。

伝説的なギターヒーローが愛用していたこのリング(ラージ)は、いまや日本だけではなく世界中の国々からご注文をいただいております。

しかし今日はオリジナルのラージではなく、もっと多くの方にその存在を知っていただきたいスモールの紹介です。

オリジナルのラージはかなりのボリュームがあるリングで、指の細いお客様では着け心地が良くない、適切なサイズで着用できないなどの問題がありました。

そこでアーマンド・セラはデザインはそのままに、女性でも快適に着用できるボリュームのボーンハンドリングを作りました。

もちろん、既存のボーンハンドリングを収縮して型を取ったのではなく、一から手作業でマスターを彫り上げたものです。
ラージ(左)と並べてみると、幅や厚みが随分抑えられていることが良く分かります。
指輪の着用感は見た目以上に微妙で、0.5㎜ 程度の厚みの違いでも随分違って感じられます。

もう一つのポイント、よく見てみるとスモールは右手です。(ラージは左手)
アーマンド・セラにとって、単にラージを小さくすることは”退屈”だったのでしょう…

ファン心理としては、憧れの人物と全く同じものを着用したいというのは当然のことで、そのお気持ちはとても良く分かりますが、サイズの合わない指輪は快適なものではありませんし、着用中に落としてしまうなどの危険もあります。
もし、ラージのサイズやボリュームが合わない方がいらっしゃいましたら、スモールもご検討いただければ幸いです。

 『ボーンハンドリング・スモール』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > RINGS > SKULLS をご参照ください。



Wednesday, June 7, 2017

クレイジーピッグ 25周年の新たな試み - Collectors Series The Pope Skull ring

クレイジーピッグ開店25周年を記念して製作された『エグザイルスカルリング』は早くも名作の呼び声高い人気作となりましたが、25周年の記念作品として注目すべき作品群が他にもあります。

アーマンド・セラの長年のアイディアを実現した「Collectors Series」と呼ばれる特別な作品です。
今回はその中から「法王」と名付けられた『The Pope Skull ring』を紹介します。

何より特筆すべきは、本物の骨から削り出したスカルでしょう。
金属の鋳造とは異なり、正真正銘同じものは二つとない、アーマンド・セラのハンドメイドのスカルです。

この貴重なスカルと K9 イエローゴールド&ガーネットのクロスを配したシルバーのリングを組み合わせたこの作品は、超豪華仕様のスカルジュエリーの頂点ともいえるような完成度です。

実は、異素材を組み合わせたこのスカルリングの元となるアイディアは15年以上前からあったようで、その起源は以前の記事『掌の小さな宇宙 - Crazy Pig Designs』で紹介した象牙椰子の実を彫ったスカルにあったようです。
この象牙椰子のスカルを見せてもらった時、アーマンド・セラが「いつか、このスカルに貴金属製の冑を組み合わせたスカルリングを作りたいんだ」と言っていたのを良く覚えています。

3月4日の25周年パーティーでのアンヴェイルと同時に、この貴重な作品は熱狂的なコレクターのもとに旅立ちました。
 アンヴェイルの瞬間、この作品の周りに人だかりができたそうですが、それも納得の凄まじい存在感の作品です。

私のような凡人は、このような作品を超えるアイディアなど果たして今後出てくるのか?などと心配になってしまいますが、きっとアーマンド・セラは次なる”記念すべき瞬間”にあらたな衝撃をもたらしてくれることでしょう。

それにしてもこの作品を手にされた幸運なオーナー様がうらやましいです…

Saturday, June 3, 2017

月光を宿す石、ムーンストーン

6月の誕生石はムーンストーン、その乳白色の穏やかな輝きは、まさに月光を内に秘めているかのようです。
光の具合や見る角度により微妙に変わるムーンストーンの輝きは、天体の運行と共に変化する月光のような神秘的な美しさです。

クレイジーピッグでは、ムーンストーンをセット可能な様々なデザインを用意しております。
今回のその中でも代表的な作品を紹介したいと思います。

ミディアム・チューダー・ストーン・リング:
チューダー調の柔らかな曲線は、ムーンストーンの優しい輝きをひきたてます。

コヴェント・ガーデン店舗のキャビネット:
照明を受けて真珠のような乳白色の輝きを放つこの一角は神秘的な雰囲気が漂っています。

カットアウェイ・ブレスレット:
二本の直線的なラインが絡み合う細身のバングルにセットされたムーンストーンは、柔らかで女性的な美しさを湛えます。

ウィザード・ストーン・リング:
魔法使いの手の中にある水晶玉に見立てたムーンストーン、玉の中にはどのような光景が映し出されているのでしょうか…

ナイト&デイ・リング:
リングの両サイドに昼と夜のシンボル、太陽と月を彫り込んだリングにセットされた青みがかったムーンストーン、薄暮の空のような美しい色合いです。

クレイジーピッグ公式オンラインストア では、メニューからご希望の石を選択してご注文いただけます。
ムーンストーンを各シリーズは下記をご参照ください。
- ONLINE STORE > RINGS > STONES
- ONLINE STORE > PENDANTS > STONES
- ONLINE STORE > BRACELETS > STONES

Tuesday, May 30, 2017

クレイジーピッグの夏の装い

7月上旬並みともいわれる暑い日が続くこの5月、Tシャツを楽しまれている方も多いかと思います。
クレイジーピッグではアーマンド・セラによるアートワークのTシャツを数種類用意していますが、今期の注目は3月に発表された25周年記念のアートワークをプリントした新作Tシャツでしょう。
 サイケデリックなデザインはフィルモア イースト&ウエストのポスターからインスピレーションを受けたデザインで S, M, L, XL の4サイズを用意しています。
実際に着用した感想としては、同サイズ表記の日本の製品よりも一回り大きいように思います。


エアコンの効いた室内やTシャツでは少し寒いかな、という場合に大活躍の七分袖、アーマンドはラグランが好きなようで、思い返してみるといつもラグランを着ている気が…

また、同じ柄をプリントしたコットン製のトートバッグも好評です。
手頃な価格なので、ちょっとしたプレゼントやお土産としても人気のようです。


新作Tシャツとトートバッグは クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は下記をご参照ください。
 -  ONLINE STORE > APPAREL > T-SHIRTS
 -  ONLINE STORE > APPAREL > LONG SLEEVE T-SHIRT
 -  ONLINE STORE > APPAREL > OTHERS