Friday, May 19, 2017

小さな小さな芸術品 - Rosary Skull & Rose bracelet

コヴェント・ガーデンのクレイジーピッグ店舗で一日を過ごす中で驚いたことの一つに、女性のお客様が大変に多いことが挙げられます。

ロックに傾倒している風でもない、素敵なレディ達が楽しそうにキャビネットを眺めているところを見ると、この地ではクレイジーピッグが宝飾店として認知されているのだな、ということを再認識します。

そんなレディ達に人気だったアイテムの一つが、小さなスカルが連なる中に美しく彫られたバラが配された繊細な『Rosary Skull & Rose bracelet』です。


接続部を含めても 1cm に満たない小さなスカルですが、その顔はまさにアーマンド・セラによる造形!適度にシンプルにアレンジされたスカルは連なるとキラキラと美しく輝きます。


この作品の主役といえるバラは、小さくとも花びらが幾重にも取り巻くような繊細な彫りで、レディの手首で美しく咲き誇ります。触れたらチクリとしそうな雰囲気の二枚の葉もバラの美しさを引き立てます。この写真からは分かりにくいのですが、バラの花は両面に彫られており着用中パーツが裏返ってしまっても美しいバラが見えるように工夫されています。


もちろん男性のお客様で購入されていかれる方も多くいらっしゃいます。もう少しボリュームが欲しいという方は2本重ねて着用するのも良いかもしれません。


『Rosary Skull & Rose bracelet』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > BRACELETS > SKULLS をご参照ください。

Monday, May 15, 2017

エメラルド - 五月の誕生石

エメラルド…この季節に相応しい鮮やかな緑色のこの宝石は古代エジプトの時代から人々を魅了してきました。

深い緑色でありながら透明感があり、艶やかさも備えたエメラルドはクレイジーピッグのビスポークジュエリーにも特別な輝きを与えてくれます。

『スモールチューダークロスリング』
プラチナ製、エメラルドとダイヤモンド

『ミニイーヴルスカルリング』
K18 イエローゴールド製、エメラルドとダイヤモンド


『サーベルトゥースタイガーリング』
シルバー製、エメラルドとダイヤモンド


エメラルドは大変にデリケートな石で内包物などの個体差も大きく、長年の経験を持つ熟練職人にも常に慎重な作業を要求します。
職人にとっては厄介な石ではありますが、完璧にセットしたエメラルドを眺めているとそのような苦労など忘れてしまうほどに美しい石でもあります。

日常の使用でいきなり割れてしまうようなことはありませんが、硬いものにぶつけたり落とすなどの衝撃を与えたり、熱湯や超音波洗浄機などは避けるようご注意ください。

その他のビスポークサンプルやお問い合わせについては クレイジーピッグ公式オンラインストアBESPOKE のページをご参照ください。
crazypigdesigns.com/ja/content/4-bespoke

Tuesday, May 9, 2017

究極のクレイジーピッグ

クレイジーピッグのアーマンド・セラは、今から20年近く前にローリング・ストーンズのキース・リチャーズ氏のために特別なナイフを製作したことはファンの皆様ならご存知のことかと思います。

そのナイフに使用された刃の部分はアーマンド・セラによるデザインを刀剣メーカーであったウィルキンソン・ソード社が特別に製作したものです。(現在、同社は刀剣の製造はしていません)

この非常に貴重な刃は二本製作されており、一本は長らくそのままの状態で保管されていましたが、クレイジーピッグ25周年という節目の年についに完成しました!

一方はアイビーに囲まれたスケルトン、反対側は若草に囲まれた女性の裸身で、これらは生と死を表しています。

先端には半人半獣のような、アーマンド・セラの初期デザインに見られる獰猛さと美しさを備えた巨大なスカルが配されます。
スカルを文字通り鷲掴みにする猛禽の爪の強靭さも見逃せません。

シャンパーニュボトルと並べると、刃渡りの大きさに驚きます。

刃と柄の接合部のデザインが最初の一本と異なり、さらに精緻なつくりになっています。
旧デザインについては過去の記事をご参照ください。
- キース・リチャーズ氏へのカスタムメイド
- 究極のスカル・ダガー
- 究極の Crazy Pig Designs
究極の Crazy Pig Designs - 続き

このナイフは3月4日の開店25周年記念パーティーの際にディスプレイ・ウィンドウに飾られたあとはアーマンド・セラが自身のコレクションとして大切に保管しているようです。
大きさ、精巧さ、刃の美しさ、どれをとっても究極のクレイジーピッグといえる作品で、いつか日本の皆様に実物をご覧いただける機会を設けられれば良いな、などと思っております。

Friday, May 5, 2017

クレイジーピッグのフェイス・リング最新作!!

またまた興味深い新作がリリースされました。
久々のフェイス・リング・シリーズは偉大なる”音楽家”フランク・ザッパ氏のリング『Frank Zappa - Hot Rats ring』です。

下記はアーマンド・セラによる本作品の説明です。
----------
私の作業机の真後ろには "SHAME YOU DIDN'T TRUST YOUR MOTHERS" と書かれたフランク・ザッパのポスターが貼ってありました。
そう、彼はいつも真後ろから私が作業するところを肩越しに見つめていたのです!
最初のザッパの音楽を聴いたのは、少年時代に友人が『HOT RATS』のレコードをかけてくれた時でした。
その時から山高帽をかぶったザッパのイメージが脳裏に鮮明に焼き付いています。
そんな私がこの偉大なる天才音楽家に敬意を表する(フェイス・リングとして現代によみがえらせる)ことは時間の問題でした。
今でもフランク・ザッパが早逝したことを寂しく思います。
アーマンド・セラ
----------
彫が深く豊かな口髭をたくわえた、存在感の塊のようなフランク・ザッパ氏の雰囲気が見事に再現されています。
奇人変人という言葉が枕詞のようになっている氏ですが、その音楽は天才的だったそうです。
他に類を見ない独創的なところはアーマンド・セラのデザインとどこか共通点があるように思います。(セラさんは変人などではありません、念のため…)

『FRANK ZAPPA - HOT RATS ring』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は下記をご参照ください。

Tuesday, May 2, 2017

クレイジーピッグより初夏に最適な新作発表!

五月になり新緑の眩しい季節の到来です。
気温の上昇と共に腕をさらす機会も多くなると思いますが、そんな季節にぴったりの新作ブレスレットがリリースされました。

その名は『TIGER HEADS & Twin Braided Leather bracelet』です。

編みこんだレザーの先端にトラの頭部が輪を噛んで向かい合い、ユリ紋に石をセットしたクラシックなビーズが四つセットされています。
写真の石はオニキスで、漆黒の輝きと黒いレザーがなんともいえぬ色気を漂わせています。
ブラックレザー&シルバーに石をセットしたチューダー調のビーズを合わせるところに Crazy Pig Designs らしいハードさと優雅さの調和を感じます。

新作『TIGER HEADS & Twin Braided Leather bracelet』は近日中に クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売の予定です。

Friday, April 28, 2017

『Exile Skull ring』 - 長き放浪の果てに…

クレイジーピッグ開店25周年を記念して製作された『EXILE Skull ring』は限定生産ということもあり、気になっている方は多くいらっしゃることかと思います。
実物をご覧いただく機会もそう多くはないかもしれませんので、新たな写真や他のリングと並べた写真などいくつか紹介します。

真正面から

余計な装飾を排除したシンプルなデザインは飽きることなく長く付き合えそうです。

斜めから

全体的に鏡面をいかしたデザインでありながら非常に立体的な造形です。特に鼻から上顎にかけては有機的なラインが見えます。

with 『365リミテッド・スカルリング』

デザインのコンセプトが近いように思われる『365』と並べてみるとほんの僅かですが『EXILE』の方が小ぶりです。また、『EXILE』の方が鼻から下にかけてエッジが立ったシャープな造形です。

with 『イーヴルスカルリング(ラージ)』

クレイジーピッグ永遠の名作『イーヴルスカル』と並べてみると眼窩や歯の形状は『EXILE』の方が有機的な側に振られたデザインではないでしょうか。両者の大きさはほぼ同じですが『EXILE』の方が厚みと立体感がありソリッドな重みを感じます。

with 『レモラ・スカルリング』

もう一つ、下額なしで鏡面をいかしたスカルリングということで『レモラ』と並べてみました。『レモラ』の方がエッジが強調され、より攻撃的なデザインです。『EXILE』の方が落ち着いた、大人の男性が着用できるデザインといえそうです。

気になる『EXILE Skull ring』の名の由来ですが、アーマンド・セラによると、今回のデザインは25周年という記念の作品なので、ブランドの顔ともいえる『EVIL Skull ring』と何かしら関連付いた名前にしたいと考えていたそうです。
「EXIL」もしくは「EXILE」という単語は見た目が「EVIL」に似ていることから候補になり、最終的にはアーマンドとも縁の深いローリング・ストーンズのアルバム『EXILE ON MAIN STREET』から「EXILE」に決めたそうです。

また、今にして思えば二十歳でフランスからロンドンに渡り、紆余曲折を経て世界中から愛されるジュエラーとなり、25年も続く店の主となったアーマンド自身が「EXILE(放浪者)」のようなものだった、ともいえるかもしれません。

ネーミング一つにしても、二重、三重のひねりが効いているところはアーマンド・セラらしいのではないでしょうか。

『Exile Skull ring』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
- ONLINE STORE > NEW
- ONLINE STORE > LIMITED ED
- ONLINE STORE > RINGS > SKULLS

Tuesday, April 25, 2017

唯一の『イーヴルスカル』?

アーマンド・セラが30年以上前に生み出した『イーヴルスカル』は無駄を削ぎ落としたシンプルなデザインでありながら一目でそれと分かる個性を備えた傑作デザインで、その後の数多くのスカルジュエリーの基準の一つとなってきました。

そんなイーヴルスカル”ミニ”のペンダントには他のイーヴルスカルにはない唯一の特徴があります。
リング、ブレスレットなどで使用されるイーヴルスカルは前面のみがフィーチャーされていますが、このペンダントは後頭部付きの頭蓋骨全体がデザインされた珍しい作品です。

イーヴルスカルらしい鏡面を最大限にいかしたデザインは地金の輝きを存分に味わうことができるでしょう。

注目の後頭部にはアーマンド・セラのジグザグ・ロゴが刻まれます。
シャープさと後頭部の丸みがうまく融合したデザインです。


ご覧のように横顔の美しさも完璧な『ミニ・イーヴル・スカル・ペンダント』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > PENDANTS > SKULLS をご参照ください。