Saturday, January 9, 2016

イーヴルスカルリングの魅力:シンプルで飽きのこないデザイン

今年最初の作品紹介は、クレイジーピッグの盟友 shu 氏からの寄稿です。
名作中の名作『ラージ・イーヴルスカルリング』について語ってくれました。
この名作スカルリングが持つジュエリーとしての本質的な魅力とは?
--------------------------------------------------
イーヴルスカルリングの魅力:シンプルで飽きのこないデザイン

クレイジーピッグを代表するアイテムのひとつ、イーヴルスカルリング。
デザイナーのセラ氏が、このリングのスケッチを始めたのが1981年で、リングとして完成したのは1983年だという。その日から今日まで、いくつもの流行の波を乗り越え、今なお高い人気を誇っている。このリングには、人々を惹き付ける魅力があるに違いない。では、その理由を探ってみよう。

丸みを帯びたデザイン
このリングを手に取ってみると、程よいボリューム感で、着け心地もよく、丸みを帯びた形で手に馴染みやすい。不自然さを感じさせないフォルムは、日本の根付にも通じる要素で、装身具として欠かせない機能のひとつである。

シルバーの輝きと経年変化
スカルの額部分が強調されたデザインで、美しい鏡面仕上げが特徴だ。その表面は、なめらかで、触り心地がいい。
その一方で、鏡面部分はダメージを受けやすいが、使い込むと、それがいい味となって、深みのある雰囲気を醸し出す。
すなわち、輝きと経年変化というシルバーの異なる魅力を味わうことができるのだ。
(撮影: shu)

シンプルなスカル
スカルリングというと、凶暴さや力強さを強調したものが多いが、これは表情付けされていない。スカル部分は、シンボル化されたデザインで、シンプルな造りながら、奥深さが感じられる。その顔つきは無表情に見えるが、角度によっては、怒っているようにも、笑っているようにも、悲しそうにも見える。ひとつのスカルがさまざまな表情を見せる。
それゆえ、飽きることなく使い続けることができるのだろう。


このように、イーヴルスカルリングは、スカルという奇抜なモチーフでありながら、シンプルで飽きのこないデザインとなっている。また、経年変化によって、自分だけの味が出せることも魅力のひとつである。言い換えれば、リングとしても、スカルとしても、高い完成度を持っているということだ。
このリングが、30年以上もの間、高い支持を得ている理由のひとつは、ここにある。今後もファンの間で語り継がれていくアイテムのひとつに違いない。(shu)

No comments:

Post a Comment

Crazy Pig Designs のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡くださいませ。
アドレスはこちら → goo.gl/hLm9wZ