2018年9月27日木曜日

若き日の友情 - ウルフリングの思い出

9月27日はメタリカのベーシストであったクリフ・バートン氏の命日です。
クレイジーピッグ・ファンの皆様であれば、アーマンド・セラと当時それほど名の知れた存在ではなかったメタリカのベーシスト、クリフ・バートン氏が親しかったことはご存知かと思いますが、両氏の出会い、そして二人の友情の象徴ともいえるウルフリングについて簡単に振り返ってみたいと思います。

80年代、二人はロンドンのレコード会社の前で出会いました。お互いにレイナード・スキナードのファンということで、最初から大いに話は盛り上がったそうです。

こうして二人は友人となり、クリフがロンドンに訪れる度に会って、音楽談議に花を咲かせていたようです。
当時のアーマンドはすでにジュエリー製作を開始していたので、クリフはアーマンドのジュエリーを好んで着用するようになりました。

1986年、ロンドンで再開した二人は、アーマンドの当時の新作ルシファーリングと、クリフが愛用していたアーマンド作のウルフリングを交換しました。
それから間もなくスウェーデンにてあの痛ましい事故が起こり、クリフは帰らぬ人となりました。

以来32年間、アーマンドはクリフの形見となったウルフリングを大切に保管しています。
2014年に撮影したクリフ・バートン氏の形見となったウルフリング、偶然にも9月27日に撮影しました…

氏の形見のウルフリングから型をとって製作した『ウルフリング・リミテッドエディション』オリジナルを風合いを可能な限り再現しました。

『ルシファーリング』二人がリングを交換するきっかけとなったリング(現物ではありません)

その他、クリフ・バートン氏に関するクレイジーピッグオフィシャルブログは下記をご参照ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Crazy Pig Designs 製品のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡ください。
メールはこちら