2020年7月7日火曜日

#1000

クレイジーピッグの作品にはデザインナンバーが与えられています。創業して間もない頃を除き、基本的には作られた順に番号が与えられていきます。

2009年の終わり頃、ふと「そろそろクレイジーピッグのデザインナンバーが1000になるけど、どんな作品になるのだろう?」と思いました。それを確かめに行ったわけではありませんが、2010年の春頃に用事があり久しぶりにロンドンに行き、クレイジーピッグ本店の地下工房で作業していた時、偶然にも1000番目のデザインである『Ghost Skull Ring』の最初の一つが仕上げられた瞬間に立ち会うことができました。
その日にアーマンド・セラと会った際、「今日、1000番目のデザインが完成するから楽しみにしておけ」と言われ、とても楽しみに待っているところに持ってこられたのがこちらです。(当時の安いデジカメで撮影したのでクオリティが良くないのはご容赦ください)

すべての装飾を削ぎ落した…というだけでは足りないくらいにシンプルなデザインに驚かされました。
アーマンド・セラによると「きっと1000番目ということで多くの人はごってりと派手な装飾で巨大なスカルリングを期待してたと思ったから、その正反対に眼窩をなくしその他のデディティールも極限まで省いた一見すると未完成で簡単なような、それでいて完成されたデザインのスカルリングを作ることにしたんだ」とのことですが、まさに”ごってりと派手な装飾で巨大なスカルリング”を期待していた私はその時、正直言って少しがっかりしました。
しかし、アーマンド・セラからこのリングを手渡され、様々な角度から眺めているとリング全体が液体金属(『ターミネーター2』のT-1000のようなイメージです)のような滑らかな曲面で構成され、シルバーが美しく輝く様子や滑らかさによる快適な着用感、そしてほんの僅かに窪んだだけの眼窩や鼻腔、うっすらと彫られた歯によるスカルのなんともいえないバランスの良さが理解でき、彼にリングを返す時にはすっかりこのリングのファンになってしまいました!
写真を見ただけではその魅力が伝わりにくいリングですので、クレイジーピッグ東京店にて、是非実物をその手に取ってご覧ください。

Ghost Skull Ring
https://crazypigdesigns.jp/rings-skull-rings/471-ghost-skull-ring.html

クレイジーピッグ公式オンラインストアご利用方法
https://crazypigdesignsjapan.blogspot.com/2018/04/blog-post_23.html
銀行振込、代引等の通信販売方法
https://crazypigdesignsjapan.blogspot.com/2018/08/blog-post_12.html

CRAZY PIG DESIGNS TOKYO
東京都世田谷区北沢2-30-3
TEL: 03-6407-8158
OPEN: 11:30-19:30(水曜定休)
https://crazypigdesigns.jp
info@crazypigdesigns.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿

Crazy Pig Designs 製品のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡ください。
メールはこちら