2018年12月15日土曜日

モーターヘッドの関連アイテム:レモラリング、エースオブスペーズリング


 
 メタルのゴッドファーザーと呼ばれたモーターヘッドのレミー・キルミスターが急逝して、今年で3年目を迎える。彼の命日に合わせて、ラストツアーを収めた映画『モーターヘッド/クリーン・ユア・クロック』の劇場上映やレミー自伝『ホワイト・ライン・フィーヴァー』が重版されるなど、その人気は衰えることがない。
 当ブログでは、「レミーがオーダーしたウォーピッグのリング」についてたびたび触れてきたが、他にもモーターヘッドと関連するアイテムがあるので今回はそれらを紹介したい。

LEMOLA
まず、スカルリングの「Lemola ring」。これはレミーがお気に入りのスカルリングを失くしてしまい、それを基にデザインされたので、レミーのあだ名である「レモラ」と名付けられた。80年代後半に作られたものと思われる。適度なボリュームで使いやすく、アーマンドのキャリア初期に見られる荒々しさが特徴。しばらく廃盤となっていたが現在はラインアップ入りしている。



ACE OF SPADES
次に…モーターヘッドの代表曲といえば「エース・オブ・スペーズ」だが、スペードをモチーフにしたリングもいくつかある。厚みのある大きなスペードの「Ace of Spades ring」は、シルバーを活かした「Plain」と重厚なブラックが美しい「Enamel」の2種類。トランプのカードをそのままリングにした「Ace of Spades ring (whole card enamel)」はフラットなデザインで使いやすい。そして、ダイヤ、スペード、ハート、クローバーの4つのエースを配した「Four Aces ring (red & black enamel)」。これらはシルバーの輝きとブラックエナメルを活かしたデザインとなっているので、ロックファッションに合わせやすいだろう。
もうひとつ、モーターヘッドのシンボルでもあるアイアンクロスをモチーフにした「Maltese Cross ring」も4パターン用意されている。上下左右対称のデザインとなっているので、着けた時の収まりもいい。





クレイジーピッグ東京店では、レミーがウォーピッグのリングをオーダーした際に描いたイラストの複写を見ることができるので、この機会にぜひ同店へ足を運んでみよう。今年のレミーウィークはクレイジーピッグのジュエリーを着けて、映画『モーターヘッド/クリーン・ユア・クロック』で決まり。(Shuhei Hasegawa

【関連記事】

【関連情報】
・映画『モーターヘッド/クリーン・ユア・クロック』が劇場上映。1215日よりシネマート新宿ほか全国順次公開。

・『レミー・キルミスター自伝 ホワイト・ライン・フィーヴァー』日本語版(ロフトブックス)の重版が決定。重版分は12月下旬ごろ書店に展開される予定。

e-book『モーターヘッド伝説』(ロフトブックス)12月発売!モーターヘッド全アルバム22作を完全網羅したディスコグラフィー&ヒストリー本。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Crazy Pig Designs 製品のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡ください。
メールはこちら